カツ丼刑事

旨いカツ丼探して東へ西へ。 カツ丼刑事が出動す。 カツ丼マニア竹嶋宗也のカツ丼日記です。            ブログ「たぬきパラダイス」も御愛顧を☆

カツ丼刑事、更新中! 出演情報更新☆ H30 9/9 18時~ TV東京系「車あるんですけど」カツ丼マニアとしてカツ対決パート3に出演します。 H30 8/27~ abemaTV「メシテロ」に5話連続で「カツ丼刑事・新宿編」を放送中! H30 6月7日 日本TV 26:44~「ワケありレッドゾーン」にかつ丼マスターとして出演します。 (読売TVは6月2日25:28~) H30 5/27 18時~ TV東京系「車あるんですけど」カツ丼マニアとしてカツ対決パート2に出演します。 H30 1月14日18時~ TV東京系「車あるんですけど」にカツ丼マニアとして出演! H29 6月より 「ヤクルト驚きの工場編」「シロタ株が選ぶ編」に工場長役で出演中!大泉洋さんの隣に居ます☆

ここ埼玉県草加市の「産業道路」はトラックが多く走る道。
その道路沿いで最寄駅からは程遠い所にある食事処、
千一家をガサ入れする
DSC04816

目立たない店構えだ、タレコミが無いと前を通っても気付かないな。
ピーク時をずらしたが作業着姿で食事をする壮年の男性達。
 ここは
近隣の工場や配送センターで働く男の為の
大盛り食堂

 DSC04836

お店は母娘らしき方で営業され清潔、カウンターの奥にもテーブル・座敷があり決行広い。
色んな定食があるな。並盛でもご飯は「てんこ盛り」だそうな・・

捜査対象は勿論「カツ丼」
厨房では調理担当のおっかさんがロースの塊から肉をカットして料理開始
DSC04821

 
10分程待って
「カツ丼」800円の登場
DSC04825

白身が美しいカツ丼
DSC04824
 
肉質は全く普通だが、
カリっと揚がった衣に肉汁が沁みて美味い
DSC04827

優しく煮られたふわトロ玉子も良い仕上がりだ
DSC04828

 そして秘儀、
カツ丼CTスキャーンっ!」 
DSC04831
 ご飯の中心に、汁が浸みてないのが素晴らしいぢゃないか
 推定白飯量は「1・5合 
男性用の茶碗3杯分くらいか。
大盛りを頼むと2・5合程あるとの情報。
お味噌汁御新香もしっかり頂いて、
 DSC04823

かなりお腹が苦しくなったが、
最後まで美味しく頂いたぜ。
DSC04835
 
「千一家」さんのカツ丼は力強く働く男の味方

旨安パワーカツ丼」だ
大満足、御馳走様でした☆

埼玉にて店舗展開する「かつ敏」

DSC05242
署から自転車で北上する事5分、常磐線のガードを越えて足立区へ入ってすぐ
BlogPaint

「かつ敏」は都内ではここだけ。綾瀬と云う街は店舗展開のテスト地になる事が多い土地。
お得なランチが目白押し、リブロースを横目で見ながらも
 勿論捜査対象は 「カツ丼
ご飯キャベツに味噌汁までお代わりサービスのご飯は始めから大盛りで頼むぜ。

ではお久しぶりの、
オープン・ザ
ふた~っ!
DSC02288
 おっとふたの陰が、俺とした事が焦ってしまったようだ。

むふふ
DSC02289

大きなのロース」が飯を覆っている
DSC02290

嫌がるホシを横倒し
DSC02291

ガサ入れ開始
DSC02293

 ふんわり上がったトンカツはお値段以上のクオリティー
艶々ご飯も美味しく優等生的カツ丼だ
いくらでも食べれらそうな シャクシャクしたキャベツ食べ放題のキャベツが特筆物
DSC02295

和風ドレッシングに胡麻ドレッシング。
ソースを掛けても美味しいのだ
これだけで飯が食えるな。

味噌汁は二種類。
「豚汁」か「季節の味噌汁」が選べ
DSC02294

豚汁二杯頂きました
DSC02296

もうお腹がはち切れそう
食後にはお茶
DSC02297

スタッフさんも皆笑顔でテキパキ。
とても居心地の良い超優良店。
こりゃあ、ランチに重宝しそうだ。
次から次へお客さんが来ますが座席が沢山あるので待ち時間も少な目、
かつ敏」さん御馳走様、旨かったぜ☆


こちら葛飾区亀有公園前派出所
のすぐ裏にある蕎麦屋
寿々喜の店頭だ。
IMG_E6601

縁起良い名前だが遠慮なくガサ入れする!
IMG_E6600

きっと両さんも出前を取ったであろう蕎麦屋で
IMG_E6588

捜査するは勿論
IMG_E6590

カツ丼」750円
IMG_E6593


「カツ丼」の表記には珍しい重箱での登場
IMG_E6594


注文後揚げられた熱々のカツは
IMG_E6598

柔らかでお肉の厚みも程良く、ツユ・御飯のお美味しさも光る
真っ当な蕎麦屋カツ丼だ。
IMG_E6589

お値段以上のこのカツ丼をすぐ裏の派出所にて俺の同僚「両津勘吉」も嬉しそうに頬張っているに違いない

いつか逢いたいな・・・

このページのトップヘ