カツ丼刑事

旨いカツ丼探して東へ西へ。 カツ丼刑事が出動す。 カツ丼マニア竹嶋宗也のカツ丼日記です。            ブログ「たぬきパラダイス」も御愛顧を☆

2018年06月

北区赤羽の喧騒から離れ住宅街を歩いて行くと、
ふと昭和の保育園を思わせるよなお店が現れた  
DSC07719 

洋食
いしださん。 
DSC07718 

昭和香る佇まいが、
IMG_4857 
なんだか落ち着くなぁ。

カウンターに座りメニューを見ると、 
IMG_4844 

「スパゲッティいしだ」
というお料理が気になるぞ 。

大ベテランと思われるコックさんがソテーやグラタンと色んなメニューをこなしておられます 
IMG_4846 

次にとんかつを揚げて 
IMG_4848 

丼鍋で仕上げるは 
IMG_4849 

俺が注文した
カツ丼定食」750円 
DSC07715 

青い器に映えるはサヤエンドウの千切り 
DSC07711 
これは美しい、期待度  

ラードの香ばしさに包まれしロース肉は、
最も好みの肉厚にして旨味豊か☆ 
DSC07717 

御飯に染みるタレにもラードが溶け込み食欲倍増、
しかも750円
単品なら650円というから驚きだ 

他にも気になるメニューが沢山☆ 
DSC07709 

グラタン・ポークソテーでビールを楽しんで、最後にはやはり店名が冠された「スパゲッティいしだ」で〆たいな。

昭和の良さがギュッと詰まって素敵さ光る「いしだ」さん
きっとまたお邪魔するぜ( ´ ▽ ` )


捜査に疲れたら近場の温泉へ
チャリで15分の足立区大谷田にある
明神の湯 
DSC09241


すっかりお馴染みのこの湯で
DSC02185
 風呂上りには早速生ビール

DSC02188
 
あっという間に飲み干してお次はホッピー
DSC02189
 

いやいや飲みすぎない為にもサミー捜査開始!
DSC02183

カツ丼 」680円
DSC02190

 青い器がルックデリシャス
DSC02191

三つ葉も嬉しく期待以上にやりそうだ
DSC02192

 ふんわろ卵は煮立たせず優しく調理した証拠なり☆

ああ、美しい・・・
DSC02193
 
柔らかいロース肉がカリっと揚がってて美味しかよ 

ひょっとしたら冷凍かもしれないし、揚げ置きの時もあるとは思うが680円を優に超える美味しさ(*・ω・)ノ

侮れないどころか、お得で美味しい「かつ丼」だ。 
 
また一呼吸入れに来るぜ☆

 
美味しいデカ盛りがあるとの情報を聞き一路北へ。
群馬県高崎から信越本線に乗り約3時間掛かって
「北高崎駅」に到着~
DSC03303

観光客は絶対来ないと思われる北高崎駅

灼熱の道路を歩くこと20分・・・
やって来たのは今日のお目当て「ことり食堂」さんです
DSC03305

グルメサイトで発見したお店です。

思わず見落としてしまいそうな目立たないお店ですが・・・


開店と同時に満席になる人気店

その理由は「安く・美味しく・ボリューム満点」だからという情報
DSC03308

暖簾を出す暇もなく、店主の御夫婦はフル回転
DSC03310

たぬきの注文はカツ丼大盛650円に昨晩から決めているのです

一番人気は
「唐揚定食」
二番人気は「カツカレー」のよう。

店内のお客さんの殆どがそのどちらかを頼まれています。

ご夫婦だけの経営なので料理が出るのに時間が掛かる模様。

たぬきは一番乗りなので早くに登場。
はいカツ丼大盛お待たせしました~
かつどん1


えっ
かつどん2

UFOデスカ?!
お茶碗みたいな蓋
しかも閉まってないし。

よーし気合を入れて恒例の・・・

オープン・ザ・ふた~」v( ̄∇ ̄)v
かつどん3


いやっほ~
かつどん4

ではカツ丼山に突撃~
かつどん6

高級なカツではありませんが、美味しさ十分です☆

家で作った「美味しいカツ丼」というお味で濃い目のタレにご飯が進みます(☆゚∀゚)

やっと半分食べた所で・・・

カツ丼CTスキャン
かつどん7

ご飯がぎっしり
実は食べきれない事を予想して「タッパー持参」
でもね・・・
この「カツ丼」は美味しいんです
DSC03315


茄子の煮物」に「御新香」・「お味噌汁」も美味し

こりゃ流行る訳だ

なので自分でも驚きましたが・・・
完食

想定外の完食

「ことり食堂」さん、ご馳走様でした(*゚∀゚)っ

駐車場は次から次へと車が入り大混雑。

子供連れやカップルが多いのも良いお店の証拠かもな
DSC03326

いつも暖簾を出す事なく閉店まで混雑する、

庶民の味方・高崎の「ことり」さん
DSC03312

御馳走様でした☆
(訪問は2011年です)


葛飾区のカツ丼情報を募集したところ一本の電話が・・・


「あのよ~、東新小岩に良いお店があるから行ってみなよ~

とのタレコミ有り。



カツ丼刑事出動!!

我が町から自転車を漕いで南へ20分、
「お花茶屋駅」を越え、呑兵衛の聖地「立石駅を越え」
本奥戸橋を越え発見したのがこちら

とんかつ「京町
DSC01589


凄い・・・ぞこれは凄い
迂闊に近寄るとやられそうだ。

DSC01590


情報が無ければかなり入りずらい・・・

でも大丈夫だ「こんにちは~ヾ(´ω`=´ω`)ノ」と笑顔で暖簾を潜るべし

昭和中期で時間が止まっているのかここは・・・
DSC01606
先客は無し。

メニューはこちら
DSC01607


一人で営業されている優しげながらも職人肌を感じさせる御主人に「カツ丼」を注文。


冷蔵庫から肉の塊を出しカット、手元は見えないがとても丁寧に調理しているな。

やがてジュワッと揚げ音が響き大好きな青の蓋つき器にて
カツ丼」650円の登場。
DSC01593

ではTVでも連続公開中、恒例の・・・
「オープン・ザ・・・
DSC01595


ふた~っヾ(´ω`=´ω`)ノ」!!

おおっ、美しい黄白のグラデーション
DSC01597

玉子のトロミ・右端のカツの衣立ちが分かります。
この状態で美味しさへの予感最高潮

カツを一口、
DSC01600


これは旨いっ! しこも衣にはサクサクが残り厚みも充分。
この価格帯で最高の肉の美味さ。

更にこの玉子、
DSC01601


コシを残し旨味を含ませる見事な技術、タレの濃さも好み。

ラードの香りも重なって650円のカツを遥かに超える旨カツ丼に遭遇だ~

お手製浅漬けはニンニクの良い香り。
DSC01605

これはビールにめちゃめちゃ合いそう。

あっという間に完食し御主人に
カツ丼食べ歩いてて初めてお邪魔しました、本当に美味しかったです」と伝えると
トンカツも食べてみて、一番力入れてるから」と。
DSC01608


お店はお世辞にも綺麗とは言い難いので潔癖症の方にはオススメしませんが、
カツ好きならチャレンジする価値大。
DSC01598

京町さん御馳走様でした、必ずまた伺うぜ。
 DSC01609

情報提供元である葛飾の杉下某さんよ、
又のタレコミを待ってるぜ

またの出動要請を待つ!

京町とんかつ / 京成立石駅新小岩駅青砥駅
昼総合点★★★★ 4.1



先日、葛飾のSNS上にて美味しいカツ丼情報を募集したところついに入った、
タレコミ情報!
了解、カツ丼刑事すぐさま現場に急行する
IMG_E8520

全力で15分漕ぎ漕ぎ。
馴染みの明神の湯を通り過ぎ、
IMG_E6835

飯塚橋を渡り中川を超え東京23区の東端である水元地区へ
IMG_E6834

左に折れしばし直進。
更に左へ折れ人通りの少ない西水元の住宅街へ突入。
IMG_E6832

更に更に左へ折れて路地へ入ると・・・
自宅から自転車で30分、タレコミが無ければ通り掛かりようの無いスンゴイ場所にて発見したのが・・
IMG_E6831

そば処「水元やぶさん
IMG_E6814

平日13時20分入店。
木の温もりを感じる清潔で落ち着きある店内。
IMG_E6820

駐車場も無く最寄駅からは徒歩40分はかかりそうなこの立地にて
IMG_E6818

カツ丼1000円は中々の強気(*・ω・)ノ
IMG_E6819

さあ調査開始、カツ丼を注文です。

・・・なかなか調理の音が聞こえてきませんが、

注文から配膳迄の時間が経てば経つ程に期待値が高まるのが
カツ丼なのである。

お待たせしました~」と
20分程経って現れたのがこちらの
カツ丼」1000円
 IMG_E6821



これは美味しそう
IMG_E6822

カツの色合い・白身の半熟加減・三つ葉の彩り、
ツユが沈みきらずに器のふちに浮いた、とても丁寧に調理された事が分かるカツ丼です


一口頂くと、
IMG_E6825


ややサクサク感が残る肉汁溢れる火傷しそうな程に熱々のカツ、
衣とお肉の密着具合も素晴らしい。

ツユの味わいも程良くご飯も美味しいこれぞ、

THE・蕎麦屋の優秀カツ丼!

味噌汁のダシも効き糠漬けまで香り良し☆
きっと何を食べても美味しいお店なんだろうなと推察

並でも大盛りサイズ。 
成人男性でもかなりお腹一杯になります。
IMG_E6815

1000円と云う値段設定にお店の誇りを感じます
水元「やぶ」さん御馳走様でした

カツ丼マニアも満足。
情報をくれたIさん、美味しかったです~。
引き続きカツ丼のタレコミ募集しておりまーすヾ(´ω`=´ω`)ノ

このページのトップヘ