カツ丼刑事

旨いカツ丼探して東へ西へ。 カツ丼刑事が出動す。 カツ丼マニア竹嶋宗也のカツ丼日記です。            メインブログ「たぬきパラダイス」も御愛顧を☆

2019年04月


葛飾区立石
近年、呑兵衛の聖地と云われるこの町にある蕎麦屋
「やなぎや」をガサ入れする


京成立石駅から10分程西へ歩くと現れる粋な黒塀、
DSC05119
料理屋のようだな、お富さんよ(*・ω・)ノ

DSC05130

ランチセットも魅力的だが捜査は勿論

「カツ丼」880円だ
DSC05125

かなりのふんわり綴じ玉子にてカツ全体を包み込む一杯
DSC05126
カツの厚みは好みだがやや旨味に欠けるか
DSC05127

ダシと塩気が効いてはいるが、
蕎麦屋カツ丼の醍醐味でもある甘味と旨味が効いた蕎麦ツユ、
DSC05129

この武器を活かしたカツ丼を食べたいところだ

カツ丼よりも 日本酒で逸品料理を楽しむ方が良いお店かも
DSC05118



「やなぎや」さん、邪魔したな、
またの機会があらば旨そうな地酒と逸品を楽しむ事にする

世田谷区三軒茶屋から五分

およそ地元民しか通らないであろう線路沿いに潜む店
DSC05655

今日のガサは
中華
「新華楼」

美しいサンプルはやはり良い
DSC05670

ん、早くもホシを発見
DSC05669

店内に潜入すると男達が元気に飯を食っている

中華屋の魅力が詰まったカントンメンも悪くはないが・・
DSC05658

勿論奴を捜査する
DSC05659

職人肌に見ゆる主人らしき男性は真剣な表情で鍋を振り、
麺を上げテキパキと補助をする女性は奥方か

年配の御夫婦に多い例だが共に齢は40前後、これは珍しい
更にこやかなホール担当の女性は妹さんと推察
店はピカピカとは行かぬとも清潔でとても居心地が良い

おっとホシの捜査を始めよう

「カツ丼」850円
DSC05662
中華スープを一口、
スッキリした旨味に香味野菜の香り、これは好みだ期待する

ふんわり立ち上る甘い香り
DSC05660

油のコクが甘目の丼タレに溶け込み
トロふわな玉子がそれを吸い込む
DSC05664

カツはやや高温で揚げられた感があるものの食べ応えアリ
DSC05666

タケノコ入りは初めてだが
DSC05667
食感に変化をもたらしてくれる

美味かった満足な一丼だ
DSC05654 

これは今後も捜査を続行する必要があるな
DSC05668
新華楼さんよ、
悪いが近く再捜査をさせて貰うぜ

 


根津のTなる人物よりタレコミ
「入谷に良いお店がある」との情報提供を受け現場に急行!


ここか・・・
DSC01133
台東区入谷の中華料理店
「一兆」


混雑したる店内では大勢の働く男達が栄養を補給している
BlogPaint


居並ぶ中華メニューの中から
DSC01117

「かつ丼」の文字を発見
DSC01118

タレコミのあった
「かつ丼」850円は
DSC01124


カツ丼刑事納得の玉子遣い
DSC01125


こういった奴は先ず玉子から取り調べるのが本道

トンカツからにじみ出るラードの旨味を吸ったタレとトロトロに仕上がった玉子が融合
「旨いっ!」

これぞ中華屋カツ丼の醍醐味と云うやつだ
ツユの中で撹拌したかのような玉子だが何か秘密があるのかも
DSC01127

カツ丼の場合肉厚はこれで十分。


そして久々の・・・
「カツ丼CTスキャーンッ」
DSC01131

お米の粒がしっかりと立っている
ややツユが多いが
玉子で食べさせる旨カツ丼だ。

店内カツ丼の注文が多くてちと驚いた、
皆、分かっているのだな

BlogPaint

雰囲気も良く餃子も美味しそうだったので
今度は捜査上がりに餃ビーをやっつけるとしよう

一兆さん、旨かったぜ
引き続きタレコミを待つ!

   カツ丼刑事

このページのトップヘ