カツ丼刑事

旨いカツ丼探して東へ西へ。 カツ丼刑事が出動す。 カツ丼マニア竹嶋宗也のカツ丼日記です。            メインブログ「たぬきパラダイス」も御愛顧を☆

2020年02月


葛飾区お花茶屋駅から亀有方面に歩く事五分。

渋い店構えのとんかつ「筧」 を捜査する
DSC08918

「かけい」と読む昭和香るこの店は
品の良い御夫婦での営業
DSC08932
恐らく長きに渡りこの地で営業されてきたと思われる

旬のカキフライが人気のようだ
1FullSizeR

嫌いでは無いんだが勿論俺は目もくれない

物静かなご主人がカツを揚げ始めた
IMG_6802
手元が見えぬカウンター越しだがとても丁寧に調理されているのが伝わる

やがて現れたのはカツ丼ではなく

「かつ重」1000円
DSC08919

なる程、品ある赤塗りの器は
丼より重と呼ぶに相応しい美しさ

では恒例の「オープン・ザ・・・
DSC08920

かつ重の蓋~!」
DSC08924
フワッと華やかな香りが立ち上り彩りも良し

特筆すべきはとんかつの形
DSC08926
なんと棒状の一口カツが五つ

ロースをカットしてから一つずつ衣をつけて揚げるのは通常よりも手間が掛かるが、
FullSizeR
どこを食べても衣感を楽しめ尚且つ、
持ち上げると衣が剥がれるカツ丼問題をも解決している。

丼ツユは軽やかで玉子はふわトロ・味噌汁まで美味い
料理屋の一品を頂いているようだった
DSC08933


筧の主人、ご馳走様でした
やはり相当な手練れだ・・・

まだまだ下町にはこんな実力店が隠れていると思うとワクワクする







買い物客で賑やかな谷中銀座商店街
メンチカツには目もくれず横道に入るとやがて
DSC07493

人気の中華料理店
一寸亭に遭遇する
DSC07492 (2)

町の中華より少しいい値段なのは
DSC07484
しっかりと作り込まれる日本式の本格中華店だからと見た

カツ丼を注文すると冷蔵庫から大きな塊肉を取り出してその場でロースを切り分け、生パン粉を付けて揚げに入る
タレもその場で作り手間のかかった
「カツ丼」1050円の完成
DSC07485


中華スープの美味いこと
DSC07490
鳥の旨味に香味野菜の爽やかさ。
ラーメン一杯頂いたような満足感
これぞ中華屋カツ丼の醍醐味の一つ

さて本丸を攻撃
DSC07486
卵のトロトロ感が絶妙
カツ丼の海苔は香りを邪魔するのであまり好きじゃないが
肉の旨味をしかと残したこのロースが
DSC07488
めちゃめちゃ美味い
実は肉の美味しいカツ丼は意外と少ないが一寸亭さんは別格クラス
 
美味いロースをラードで揚げる
これはとんかつ屋さんの技
願わくば更に肉の旨味を活かすためにも丼タレの上積みが欲しい、さすれば最高ランクのカツ丼となりそう
DSC07491

町の実力店「一寸亭」
今度は捜査の合間に訪れ
ビール片手にお料理をといきたいものだ
 


この日の捜査は奈良県天理市
ゆかりある家のベランダから南東眺めれば
日本酒の神としても名高い三輪山が望める
DSC07224

古の山々に囲まれし奈良盆地、
やはり生まれ育った地は落ち着くもんだ。

いざ今や天理名物となった
「とんよし」を捜査する
DSC07311

どんどん人が増え
開店時にはご覧の空腹列
DSC07248

一番乗りで入店に成功
店内には柔道をはじめスポーツ選手・メダリストの方々のサインが沢山飾ってある
DSC07252


ボリューム満点でこの価格、
地元の方をはじめ天理高校・大学の腹ペコスポーツマンや全国から合宿に来る若者に大人気な店
DSC07249

さあ「かつ丼」の捜査開始

二枚のカツを大盛ご飯が入った丼の上に乗せ、
甘目のタレに溶き卵をしっかりと混ぜ込んだ玉子綴じを上から豪快にかけて完成したのがこの
「かつ丼・大」700円
IMG_E4325

カツを煮込まないので衣のクリスピーが残る
「かけカツ丼

DSC07258

高校生の時に一度だけ完食した「かつ丼大」
DSC07293

まさか俺がカツ丼刑事になって戻って来ようとは思わなかった

初めはサクサクカツを楽しみ、
途中からしっとりとツが馴染んだカツを楽しむ。
あとはご飯を掻き込むだけ

「とんよし」さんよ
美味しく安くボリューム満点、
昔と変わらず旨かったぜ


TV出演最新情報

2/16 22時~MBS(TBS)系列全国ネット
林先生の初耳学」に
カツ丼刑事の身分を隠してゲスト出演する
ふふふ、俺の問題に答えられるかな


 TV出演最新情報


2/16 22時~MBS(TBS)系列全国ネット
「林先生の初耳学」に
カツ丼刑事の身分を隠してゲスト出演するぜ
FullSizeRender

カツ丼の熱狂的フリークとして登場し
DSC08858

林修先生に挑戦する!
クリックで参照
    

林先生の初耳学

林修先生・千原ジュニアさん・澤部祐さん・中島健人さん・賀来賢人さん・河合俊一さんがゲスト。
DSC08861



さあ俺は東大出身の林先生に勝てるのか?!

選りすぐりの旨カツ丼を出す3店を紹介
そして澤部佑なる男に
スタジオ試食史上一番旨い」と云わせたカツ丼は?

衣装・帽子にも注目ヾ(´ω`=´ω`)ノ 
感想を頂ければ幸いです
4


スタジオ収録では個室の楽屋頂き有難うございます
FullSizeRender






遠路遥々福井県敦賀市に到着
DSC07196

捜査するのは
DSC07195


「ヨーロッパ軒敦賀本店」
DSC07154

カツ丼の元祖中の元祖ともいわれる「ヨーロッパ軒」

いざカツ丼刑事出動
DSC07156
と突撃するも店内大混雑

さすが福井市の総本店と双璧の敦賀本店ですがここまで来て食べずに帰れない
DSC07189


明治時代、ドイツに渡り6年間の料理修行を終えた高畠増太郎氏
ドイツ仕込みのウスターソースを改良し大正2年に東京の料理会で発表したのが
ソースカツ丼

DSC07191


やがてふるさと福井に帰り創業したのがかなヨーロッパ軒、
老舗中の老舗

カツ丼の元祖説は他にもあるが恐らくこれが日本のカツ丼の元祖ではと推察

取り調べ室で出したくなるようなヤカン茶
DSC07162

店に着いてから90分、
「カツ丼+セット」900円+200円の登場だ
DSC07164

行くぞ

DSC07165

「オープン・ザ・ソースカツ丼の・・
DSC07166

ふた~っ」!!
DSC07170

これが「ヨーロッパ軒のソースカツ丼」だ
DSC07169


一枚目は質の高いモモ肉を目の細かいパン粉にまぶしラードにてカラリと揚げた香り高き孤高のカツ
DSC07178


ウスターソースに香辛料を配合した秘伝のタレが旨い
DSC07180

こちらは肉の旨さが圧倒的に際立つロース
DSC07186
旨さではこちらが際立つ、もう一枚取り調べしたくなる

秘儀「ソースカツ丼CTスキャーン!」
DSC07175

玉子が無いといつもよりスキャンの魅力が分かり難い

DSC07187

高畠増太郎さんとヨーロッパ軒の皆に敬意と感謝を表する
DSC07192

美味かったぜ

DSC07194


このページのトップヘ