上野のガード下の賑やかな商店街から
昭和通りへ向かい二本目の角
IMG_9086

元は旅館と云う建物で営業する
「好養軒」
DSC00534

前回あまりに怪しかったので二度目のガサ入れ
IMG_9075

手書きのメニュー
DSC00523
一等地の価格とは思えない

10分弱待って登場
DSC00525

中身を知っていても楽しい
オープン・ザ・・・
IMG_9078

ふた~っ!
DSC00527
ふたを開けたとたんに濃厚な香りが漂う

真夏に咲き誇るひまわりにも見える
「かつ丼」740円
DSC00528

クリスピーに揚げ煮過ぎていない為
まだサクサク感が楽しめるカツ
IMG_9081
かなり濃いタレで食べさせる硬派のかつ丼

一番素晴らしいのは立ち昇るこの香り
通常のサラダ油でもなくラードでもない
ヘッドと云う牛の脂を配合しているのだとか
この油とタレが合わさり立ち昇る香りは
どこにも真似出来ぬ逸品
IMG_9083
味噌汁は揚げ・キャベツ・えのき
これも味は濃いが実家で頂くような汁

カツは端っこの部分も味が変わりまた旨い
IMG_9084

ビールと合わせたくなるような一杯
DSC00524

誰が書いたか「変わらない物、好養軒のカツ煮」
DSC00533
今日も美味しかった

店内では何十年も通っているであろう紳士が魚フライや串カツで飯を食べている
上野に残る奇跡のような店
こんなお店がまだ残っていることが嬉しくなる
親父さんご馳走様です、

・・・もう少し泳がせておくことにするか