カツ丼刑事

旨いカツ丼探して東へ西へ。 カツ丼刑事が出動す。 カツ丼マニア竹嶋宗也のカツ丼日記です。            ブログ「たぬきパラダイス」も御愛顧を☆

カテゴリ: 蕎麦屋のカツ丼


ここは陸の孤島、最寄りの足立区北綾瀬から歩いて徒歩20分
のお蕎麦屋「やぶ清」さんの出前 カツ丼

やがて到着したカツ丼大盛り「フタが閉まり切らないタイプ」
DSC02793


では参りましょう、せーのっ
「オープン・ザ・・・」

 DSC02794

ふた~!!
DSC02795

 こ、これは・・・
DSC02796

小型のドッヂボールかっての
DSC02797

こりゃあ食べ応えがありそうだ

好みの肉厚+グリーンピース 


おっ、胡麻油の香りも混ざって美味しいぞ☆
玉子もふんわりしており出前の通常レベルをはるかに超えている。

しかし丼には見た目以上にご飯が詰まっており
推定埋蔵飯量1.5~2合
DSC02798
 
捜査奥義カツ丼CTスキャーン 
DSC02799

正直ギブアップしようかと迷いましたが御馳走になった物でもあり・・・

頑張れ俺っ!負けるな俺っ!

そして・・・刑事完食っ!!
IMG_0084

美味しいカツ丼だったので、
今度はお店で出来立て食べに行っちゃおう
IMG_0076

御馳走様、旨かったぜ

15年前、まだグルメサイトなんぞが無い頃に
カツ丼倶楽部というサイトがあったんだ。
そこで「特に旨い」と評価を集めていたお店にそれこそ15年ぶりに行ってみた。

葛飾から電車を乗り換える事3回、JR中央線西国分寺駅で下車
DSC01194

緑道沿いに南へ5分程歩き
通りに出ると、
DSC01222
 
うんうん見覚えがあるぞ
DSC01195

この交差点から横道に入って
DSC01198

あった!
DSC01199

京屋そばさん
 DSC01200

「京屋」の屋号が付く蕎麦屋さん関東にいくつかあるが、
カツ丼が美味しい割合が多い。


開店と共にガサ入れ
BlogPaint

先客はおばあちゃん1人。
恐らくメニューは15年前と変わっていない
DSC01204

「かつ丼」700円はお値段そのままで健在にて
DSC01202

今も御夫婦で営業中の様子。
カツ丼の注文が通ると肉を塊からカットし衣を付ける御主人の丁寧に調理をする様子が見える。 
揚げ油は何と蕎麦屋さんなのに「ラード」
DSC01208

15年前に衝撃を受けた味と香りが思い出される。

しばし待って
かつ丼700の登場
DSC01212

ラード効果でサクっと仕上がったトンカツ、
DSC01211

蕎麦屋の出汁を含んだ絶妙な綴じ玉子が
DSC01217

「衣」の上に美しく留る一杯

これは生パン粉ならではの姿、もうめちゃめちゃ美味い。

肉はまったく通常の物だと思うんが、
技術と心意気でここまで美味しくなるこれこそが・・・

カツ丼最大の魅力

お味噌汁の具はじゃがいも・豆腐
DSC01220

以前来た時は出前が忙しすぎて暖簾はずっと仕舞ったままだった
DSC01203

やや高齢になられた今は出前を辞めてお店のみの営業だそう。
理想のすべてが詰まった
珠玉のカツ丼ここにあり。
DSC01218
しかも700円。
15年振りに来られて嬉しいです、本当に美味しかったです」と奥さんに感謝を伝えお店を後に。

東京でのカツ丼食べ歩きの原点となった西国分寺の
京屋は思い出が色褪せない俺の名店。

とてもとても美味かった御馳走さまでした。


こちら葛飾区亀有公園前派出所
のすぐ裏にある蕎麦屋
寿々喜の店頭だ。
IMG_E6601

縁起良い名前だが遠慮なくガサ入れする!
IMG_E6600

きっと両さんも出前を取ったであろう蕎麦屋で
IMG_E6588

捜査するは勿論
IMG_E6590

カツ丼」750円
IMG_E6593


「カツ丼」の表記には珍しい重箱での登場
IMG_E6594


注文後揚げられた熱々のカツは
IMG_E6598

柔らかでお肉の厚みも程良く、ツユ・御飯のお美味しさも光る
真っ当な蕎麦屋カツ丼だ。
IMG_E6589

お値段以上のこのカツ丼をすぐ裏の派出所にて俺の同僚「両津勘吉」も嬉しそうに頬張っているに違いない

いつか逢いたいな・・・


目黒区西五反田にてのガサ入れは

おそば・お食事処
「海老民」
DSC04799

歴史を感じずにはいられない渋いお店
 DSC04810

いらっしゃいませ~」と明るい声で迎えて頂いた店内は、
意外や座敷まであり広々。
DSC04807

調理も接客も女性、母娘さんでしょうかとても優しい雰囲気にリラックスできる

揚げ立てなのでとても熱いですからお気を付け下さいね~
と女性らしき嬉しい気遣いとともに供されたる
カツ丼915円は丸い重箱に蓋付で登場
DSC04801


それでは久々に行くぜ、せーのっ・・・


オープンザ・ふた~」v( ̄∇ ̄)v!
DSC04802


たっぷりの玉子で綴じられたカツ丼
DSC04803


王道の蕎麦屋スタイル
DSC04805

うむ、揚げ立て熱々理想の肉厚
DSC04806

ツユの味もしっかりとして大好きなカツ丼の味☆

リラックスかつ美味しく頂けました、
「海老民」さん、きっとまた来るぜ


最近、呑兵衛の聖地と化している
東京を代表する下町「葛飾区立石」。

飲み屋には目もくれず街の蕎麦屋
満る賀 を捜査する
 DSC04051

久しぶりの訪問だ
DSC04038

昼間から蕎麦屋で飲んでいる奴らに眼もくれず注文だ
DSC04037
 
もりそば450円って凄いな・・・
DSC04036

チャーハン、味噌ラーメンもめっちゃ美味い事は知っている、

が、やはり・・・ 
かつ丼セット800円だ
DSC04042

全国3000人の 「オープンファン」の皆。

声を揃えて行くぞ、せーのっ!
DSC04043

オープン・ザ・ふた~っ」v( ̄∇ ̄)v

DSC04044

黄身の濃さが目映いぜっ
DSC04045

白馬の雪渓のよな白身も美しい
DSC04049

立石満る賀さんならではの玉子遣いは健在
通常の食材でもこれだけの味が出せる、
下町の心意気確かに受け取った

DSC04047

セットの小鉢は「ポテサラ」「煮物」

腰の強い蕎麦も値段以上
DSC04046

これが800円だぜ
お茶代わりに蕎麦湯も飲んでもうお腹パンパンだ
DSC04040

近所に欲しいお店だ、旨かったぜ☆ 

このページのトップヘ