カツ丼刑事

旨いカツ丼探して東へ西へ。 カツ丼刑事が出動す。 カツ丼マニア竹嶋宗也のカツ丼日記です。            メインブログ「たぬきパラダイス」も御愛顧を☆

カテゴリ: 蕎麦屋のカツ丼

足立区北千住
かつて賑やかに旅人が行き交ったであろう旧日光街道
今は宿場通りと呼ばれる商店街を進むと
IMG_1318


この日のお目当て
そば処
柏屋
IMG_1317


何と創業は明治37年
IMG_1315

老舗らしくお酒に合いそうな料理も多く揃う
DSC01646

注文後10分程で供された
カツ丼」850円
IMG_E1306

貝汁・おしんこ付きで登場
IMG_E1307

衣はしっかりと出汁を含みながらも厚過ぎず
軽やかな仕上がりなのが素晴らしい

IMG_E1310
卵のトロみも程良く残ります

では恒例の
「カツ丼CTスキャーン」!!
IMG_E1311


ツユがかかり過ぎず白飯の美味しさが保たれ
カツの厚みも理想の1センチ前後
まさに蕎麦屋カツ丼のお手本のような満足の一杯
しかも850円
IMG_E1313


お店が出来た117年前から地元に愛されてきたのが伝わる良いお店
IMG_E1303


柏屋さんご馳走様でした~
今度はお酒も頂きに参ります
IMG_1316


こちら台東区竜泉
旧吉原・鉄漿どぶ(おはぐろ)があったとされる通りにある
蕎麦店「国松」を捜査
DSC09883

ランチサービスは
組み合わせ豊か
DSC09876

「もり&半カツ丼」900円
DSC09878

蕎麦屋ですがカツからは
ラードの香りがフワっと立ち昇る
DSC09877

ロースではない部位を筋切りし
お得価格にて提供
DSC09880

厚みも好みな1cm程にて綴じ加減も抜群、
ちなみに蕎麦は小麦粉多めの町蕎麦のので了承されたい

後日、再訪問
IMG_8430

このメニューをとことん取り調べ
DSC09876
31通りの組み合わせが出来ると思われる

今回は「たぬき蕎麦&半カツ丼」900円
IMG_8434


コクのある揚げ玉がツユに溶け出しこれは美味しい
IMG_8431

国松ではもり蕎麦よりも温蕎麦が好み
IMG_E8436

この日の半カツ丼も良い香り
IMG_E8438

我慢できず御主人に
わざわざラード使われているんですか?
と身分を隠して聞き込みを開始、すると
やっぱりそうしないと美味しさが出ないからね」と
優しい笑顔で自白。
ふふ、やはりそうか

通常の「かつ丼」1050円は肩ロース
「かつ重」1200円はロースになるのだそう。

初耳学で紹介させて頂いた「水元やぶ」さんもそうだが
天ぷら油とは別にカツのために「ラード鍋」を駆使される街の蕎麦屋。

美味しいカツ丼をお得に出すぞと云う心意気、
しかと味わわせて頂いた

国松の親父さんご馳走さん、とてお美味しかった

さあ大満足のランチで元気一杯、
免疫力高めて頑張るぜ





こちら葛飾区四ツ木の蕎麦屋「松のや」
DSC00276

洋楽がかかりちょいと良い雰囲気だが
昼時は地元の御年配の皆さんを中心に愛されているよう
DSC00260

ランチにカツ丼セットはあるが
単品の「かつ丼」をオーダー
DSC00274

「かつ丼」900円+税
IMG_E8558
料理屋のような優しい仕上がり
漆塗りの器が綺麗

玉子はふんわり三つ葉の彩りがまた良い
DSC00264

ロースではなくヒレを使用したカツ
DSC00267

肉はしっかりと叩かれ柔らかく
独特のカリっと感が残る天ぷらとフライの中間のような衣
DSC09140
年配の方に喜ばれそうなカツでもある

ツユはキリっとした辛目の味付け
IMG_E8561
「日本酒を合わせたくなるような旨いヒレカツ煮を
ご飯に乗せた」そんな感じのかつ丼

味噌汁も美味しい実力店
DSC00177

美味しかった、松のやさんご馳走様です
次回はゆっくりと地酒かつ丼のアタマを飲らせて貰おうかな

 

6月も日本全体の感染者が減っていくと良いな
医療関係・その他奮闘中の全ての皆様有難うございます。
飲食店へのエールも兼ねて今日も捜査を続行する☆

西武池袋線富士見台駅から南に5分程歩き千川通りを超えるとそこはもう練馬区を超え中野区

そば処「長岡屋」
IMG_E7456

地元に根付くこの街の蕎麦屋をガサ入れする
IMG_E7457

清潔感がある気持ち良く広い店内
入り口近くのテーブル席に腰を掛けお茶を頂き一息、
ホシを見つけた
DSC09334

お盆上の彩りも良き
「カツ丼」950円
IMG_E7460

卵使いがとても素晴らしく
コシや滑らかさを存分に楽しめるカツ丼だ

DSC09337

蕎麦屋ならではの力あるツユをしっかり吸い込んだ厚目の衣
DSC09338

これぞTHE・蕎麦屋のお手本カツ丼

揚げ立てでは無いもののかなり実力派、
御飯・なめこのお味噌汁・御新香まで美味いとくる

皆もしっかり食べて
免疫力を高めて一緒に国難に立ち向かおうぞ❗️


カツ丼を取り調べようとメニューを見て思う

特に関東の蕎麦屋に多いと思うが
「カツ丼上」・「かつ丼並」と二種類のランクを見かける事多し
DSC07820

笑止千万な気もするが捜査対象とし杉並区青梅街道沿いにある蕎麦屋「尾崎庵」の出前にて捜査を開始する

こちらは通常の「かつ丼」900円
DSC07813
茶・黄・白・緑と完璧なる彩り、美しい・・・

肉厚も1㎝前後と理想に近い
DSC07818

白身にはギリギリ火が通ってはいるが
プルプルとした心地良い触感は健在
DSC07815
出前とは思えぬ素晴らしき「カツ丼完璧主義者の一丼」だ


一方別日に頼んだ「かつ丼・上」1250円
 DSC07388
こちらも白身の美しさが素晴らしい・・・
おっと、中央に黄身が乗っているな、
と云う事は「卵とじ+もう一個の卵を使った」と言う事になる

肉厚は1.5㎝程
DSC07390

かなり食べ応えのある一杯にて飯もやや大盛かも

成程、この尾崎庵においての「上」は
肉が厚くなり卵が追加されると云う結果となった


双方ともかなり旨い、後は好みの問題だが・・・

「飯・玉子・トンカツ、この口中での三位一体感」
これこそがカツ丼最大の魅力と感ずるこの俺は
今回通常のカツ丼である「並」に軍配を上げさせて貰う

が、思うより僅差での決断ではある

そこのカツ丼好きの君はどう思う?

上カツ丼の魅力を知る者のタレコミを待つ!

 ーカツ丼刑事ー

このページのトップヘ