カツ丼刑事

旨いカツ丼探して東へ西へ。 カツ丼刑事が出動す。 カツ丼マニア竹嶋宗也のカツ丼日記です。            ブログ「たぬきパラダイス」も御愛顧を☆

カテゴリ: とんかつ屋のカツ丼



高崎は群馬を代表する商業都市
DSC02072

この街の大正八年(1919年)創業と云う「栄寿亭」がこの日の捜査対象だ
DSC02073

歴史を感じる木製カウンターがある洋食店は
DSC02081

香ばしいラードの良い香りに包まれている

創業90年余のこちらの名物は
上州もち豚を使った400円のカツ丼

逸る心を抑えつつ、
先ずはビールを
DSC02080
おっ、黒ラベル

意外にも「たくあん」にビールって合うんだな

カツには「A」「B」「C」の三種類があり俺は
カツA」の単品400円 (定食だと560円)をオーダー
 DSC02082

カリっと揚がった洋食的ロースカツ
DSC02084

色白美人にて好みの厚さ

ウスターソースってのが洋食屋だな。
銀座の煉瓦亭もこのスタイル
DSC02085
ビールに合うぢゃないか😎

かつ丼も「三種類」あり、目の前で調理中のこちらは
B丼」450円 
DSC02086

玉子引きと云われる、いつも食べてるのかつ丼。

お肉はモモ肉か?
一枚一枚叩いて広げ、ラードでカリっと揚げられている。

バットに入ったカツの下は醤油ダレ。
まな板の上のカツは玉子引き用。
調理も効率的に安く提供するための努力がなされている
DSC02079

運動会の季節ではかつ丼400個の注文もあるんですよ」と調理のお姉さん。

古くから地元に密着した高崎名物なんだな。
DSC02074

かつ丼のカツを一個だけ食べたいんですけど・・・」と俺がが云うと
良いですよ、一個90円でお出ししてます」と姉さん。

こんがりカツを一個取り、和風特製ダレを潜らせて登場させたのがこちら
DSC02087

甘い醤油ベースのタレがラードの香りと融合し
DSC02090

子供の頃を思い出し光る昭和の美味さが嬉しい一枚✨
 DSC02088

気分が良くてビール二本飲んだらお腹が一杯で、

かつ丼」食べられなくなっちまったぜ💦

なので「A丼」400円を持ち帰り~
DSC02091

とても素敵な店だな。
DSC02073

 帰りは高崎から赤羽迄は
理由あってグリーン車 
DSC02093


まだ熱々のお土産かつ丼を
オープン・ザ・・・」
DSC02094

ふた~っ(・∀・)つ
DSC02095

ラードの香りがふわりと立ち上り嬉しくなるな。
カリッカリの衣が蓋で少しだけ蒸されコレまた美味しいカツに変身
DSC02097

タレが沁みたご飯が旨い。
さすがに普通車では怪しまれるからな。
半分は持ち帰り、翌朝にしっかり頂いた。
高くて美味しいのは当たり前だが、お肉料理を努力と手間で安く提供し、問屋街で働く方々を支えてきた素晴らしい名店だと思う。

カツ丼に歴史あり、今後も追い続けたいホシだった。


 
今日は朝からガッツリ捜査する!

「かつや」御徒町店にて

朝カツ丼セット
390円 
IMG_6143 
(単品なら290円)

通常の三分の二くらいの量か 
IMG_6142 
  
朝はあまり食欲が無いけどかつ丼なら

という容疑者にオススメのお得カツ丼だ。



朝カツ丼でおめめパッチリ。全てのかつやで朝カツ丼が出来る訳ではないから注意が必要だ。
 
午後からはもっと大物の捜査に向かうぞ!

埼玉にて店舗展開する「かつ敏」

DSC05242
署から自転車で北上する事5分、常磐線のガードを越えて足立区へ入ってすぐ
BlogPaint

「かつ敏」は都内ではここだけ。綾瀬と云う街は店舗展開のテスト地になる事が多い土地。
お得なランチが目白押し、リブロースを横目で見ながらも
 勿論捜査対象は 「カツ丼
ご飯キャベツに味噌汁までお代わりサービスのご飯は始めから大盛りで頼むぜ。

ではお久しぶりの、
オープン・ザ
ふた~っ!
DSC02288
 おっとふたの陰が、俺とした事が焦ってしまったようだ。

むふふ
DSC02289

大きなのロース」が飯を覆っている
DSC02290

嫌がるホシを横倒し
DSC02291

ガサ入れ開始
DSC02293

 ふんわり上がったトンカツはお値段以上のクオリティー
艶々ご飯も美味しく優等生的カツ丼だ
いくらでも食べれらそうな シャクシャクしたキャベツ食べ放題のキャベツが特筆物
DSC02295

和風ドレッシングに胡麻ドレッシング。
ソースを掛けても美味しいのだ
これだけで飯が食えるな。

味噌汁は二種類。
「豚汁」か「季節の味噌汁」が選べ
DSC02294

豚汁二杯頂きました
DSC02296

もうお腹がはち切れそう
食後にはお茶
DSC02297

スタッフさんも皆笑顔でテキパキ。
とても居心地の良い超優良店。
こりゃあ、ランチに重宝しそうだ。
次から次へお客さんが来ますが座席が沢山あるので待ち時間も少な目、
かつ敏」さん御馳走様、旨かったぜ☆



さて、台東区には活気ある個人企業がたくさんある。

小さな工場や商店では家族みんなで仕事をされるので夜は御飯だけを炊き、
オカズは惣菜屋さんで買って来る。

そんな土地柄から発展したのが浅草橋駅から徒歩10分の

鳥越おかず横丁だそうな

以前程の賑わいはありませんが今も数件のお惣菜屋さんが頑張いるな


横丁から少し路地に入った所にひっそろと佇む、

中華・とんかつの今むら
DSC09092

絶対に通りすがりでは入れないと思う
DSC09095

年配の御夫婦二人で営業される完全地域密着系の「今むら」さんは、

ラーメンが400円 とんかつライスは760円

俺が頼むのは勿論
カツ丼600円+大盛り+100円

DSC09097

さあ容疑者一同、声を揃えてせ~の

オープン・ザ・ふた~!
DSC09098



三つ葉たっぷり、しっかり煮込みカツ丼
DSC09099

高倉建さんが網走刑務所から出てきて最初に食べたのはこんな感じに違いない、
そんな昭和の王道カツ丼の登場だ

甘めのタレが程よく御飯に染み込んだ、
ちゃんと美味しい「カツ丼

更に「CTスキャン」をしてみると・・・
DSC09100


久し振りの「撮影成功
外れのない美味しさが伝わるか

ふう~、御飯ギッシリだが何とか食べ切った。
今むらさん、その心意気しかと受け取ったぜ☆





この日のがガサ入れは葛飾区お花茶屋の
とんかつ筧
DSC08110

いかにも地域密着型のとんかつ屋」のようだ
DSC08100

下町らしく1000円前後のメニューが沢山あるが・・・
DSC08096

捜査対象はカツ丼あるのみ

悪人には見えない上品そうな年配の御夫婦に注文を通し待っていると捜査対象の登場


かつ重」900円
DSC08101

塗りの大椀に入ったこちらはカツ丼ではなく・・・
ちとお上品なかつ重だ・・・


ではオープン・ザ・かつ重~v( ̄∇ ̄)v
DSC08104

やはり上品、俺ににピッタリだな
DSC08103

おっととろっとろの玉子にノックアウト寸前
DSC08105

こんな女性と付き合いたい・・・


おっと取り乱した。

そして驚くことにこのかつ重のカツは・・・
DSC08108

一口カツになっているぞ!

これは初めての経験。
成程、こうすればサクサク感がよりしっかりと残り、
衣も剥がれず最後まで肉のを味わい楽しめる・・・

こりゃビックリの技ありかつ重だっ

そしてカツ重CTスキャンー
DSC08109


醤油は控えめだがしっかりと出汁が効いる。

海苔と三つ葉が嬉しい一杯だこりゃ値段以上の価値がある。

筧さん、美味しいかつ重を有難う、
旨かったぜ☆

このページのトップヘ