カツ丼刑事

旨いカツ丼探して東へ西へ。 カツ丼刑事が出動す。 カツ丼マニア竹嶋宗也のカツ丼日記です。            ブログ「たぬきパラダイス」も御愛顧を☆

カテゴリ: 食堂のカツ丼


京のガサ入れは葛飾区立石にある飲める惣菜屋
「倉井ストアー」
DSC07308


お店の半分は惣菜販売・半分はイートイン。
葛飾の呑兵衛にはお馴染みの酒飲み天国だ。

壁メニューから料理を選び、
DSC00028

お弁当・お惣菜が並ぶ調理場へ注文出来るシステム。
DSC00029


冷蔵庫から好きな「黒ラベル大瓶」450円を取り出して
DSC00027


席に戻り呑兵衛の振りをしながら他の客・店内を調査する。
DSC00026

ここは葛飾警察署の直ぐ側、
両津勘吉が現れるかも知れない。


様子を伺いながら俺が頼むのは勿論・・・

カツ丼
DSC00032

 
青海苔を振りかけ大振りのタクアンと一緒盛りと云う大胆さ。
揚げ置きのカツだが定食で600円、
DSC00033

単品価格なら驚きの430円!

これは彩りも良い驚きのタレ旨お得カツ丼だ。

 理想的酒場の1つ「倉井ストアー」は、
DSC00030



土日が休みだ注意しろよ

 
美味しいデカ盛りがあるとの情報を聞き一路北へ。
群馬県高崎から信越本線に乗り約3時間掛かって
「北高崎駅」に到着~
DSC03303

観光客は絶対来ないと思われる北高崎駅

灼熱の道路を歩くこと20分・・・
やって来たのは今日のお目当て「ことり食堂」さんです
DSC03305

グルメサイトで発見したお店です。

思わず見落としてしまいそうな目立たないお店ですが・・・


開店と同時に満席になる人気店

その理由は「安く・美味しく・ボリューム満点」だからという情報
DSC03308

暖簾を出す暇もなく、店主の御夫婦はフル回転
DSC03310

たぬきの注文はカツ丼大盛650円に昨晩から決めているのです

一番人気は
「唐揚定食」
二番人気は「カツカレー」のよう。

店内のお客さんの殆どがそのどちらかを頼まれています。

ご夫婦だけの経営なので料理が出るのに時間が掛かる模様。

たぬきは一番乗りなので早くに登場。
はいカツ丼大盛お待たせしました~
かつどん1


えっ
かつどん2

UFOデスカ?!
お茶碗みたいな蓋
しかも閉まってないし。

よーし気合を入れて恒例の・・・

オープン・ザ・ふた~」v( ̄∇ ̄)v
かつどん3


いやっほ~
かつどん4

ではカツ丼山に突撃~
かつどん6

高級なカツではありませんが、美味しさ十分です☆

家で作った「美味しいカツ丼」というお味で濃い目のタレにご飯が進みます(☆゚∀゚)

やっと半分食べた所で・・・

カツ丼CTスキャン
かつどん7

ご飯がぎっしり
実は食べきれない事を予想して「タッパー持参」
でもね・・・
この「カツ丼」は美味しいんです
DSC03315


茄子の煮物」に「御新香」・「お味噌汁」も美味し

こりゃ流行る訳だ

なので自分でも驚きましたが・・・
完食

想定外の完食

「ことり食堂」さん、ご馳走様でした(*゚∀゚)っ

駐車場は次から次へと車が入り大混雑。

子供連れやカップルが多いのも良いお店の証拠かもな
DSC03326

いつも暖簾を出す事なく閉店まで混雑する、

庶民の味方・高崎の「ことり」さん
DSC03312

御馳走様でした☆
(訪問は2011年です)


今回は、
下町大衆食堂シリーズ

訪問した名店をご紹介します。

仕事で行くことの多い荒川区町屋。

この日は少し足を伸ばして隣駅の
都電町屋二丁目駅へ。
DSC07420

町屋から歩いても5分程の二丁目は町屋の賑やかさとは異なり
静かに昭和の香りが色濃く残る町
DSC07418

お昼時なのに裸電球が眩い八百屋さんの角を右に折れると、

本日のお目当て「丸福食堂」さん。
DSC07397

広いスペースで存在感を示す大好きな食品サンプル
DSC07398

これぞ「大衆食堂」と云ったメニューがズラリと並びます。

サンプルの反対側には
DSC07399

更に詳しいお品書き
何と180円~揃っております。
(あの・・・ハムエックスって何だろ

ではいつも通り
こんにちわ~」 と声を掛けながら入店します☆
DSC07412

エメラルドグリーンのイスが眩しく輝く、
年季は入っているけど汚くは無い・・・これがたぬきの理想の大衆食堂の姿。
うんうん、良さそうな雰囲気が漂っています。
DSC07400

黒板に整然と並ぶ愛すべき大衆メニューの数々ヾ(´ω`=´ω`)ノ

DSC07413

日替わり定食580円」も機になりますがここは・・・

カツ丼大盛お願いします

午後二時頃の店内は昼食利用の地元の方が帰られ、丁度一段落着いた所。
奥さんらしき方がホール担当で、ご主人らしき方が調理を担当されています。

10分程で登場の
カツ丼大盛680円+100円=780円
DSC07404

卵の白身が麗しいカツ丼に、

DSC07401

自家製と思われる白菜のお漬物

DSC07408

水菜が嬉しい美味しいお味噌汁
DSC07407

・食品サンプルが綺麗
・メニューの字が読みやすい
・お新香や味噌汁等、副菜が美味しい

と、たぬき的に良いお店の条件が揃っています

こりゃあ大好物のカツ丼様への期待が高まります
DSC07405

カリっと揚がったロースカツは理想の肉厚(*・ω・)ノ
DSC07406

衣にクリスピーさを残した煮込み具合、豚肉の旨味が十分に残っております

卵の表面はほぞ固まり、中はトロっと、

先日の大塚「天平食堂さんのカツ丼」とも共通する

カツ丼美味条件をかなりクリアしております
ではレデース&ジェントルマンお待ち兼ね、

カツ丼CTスキャンv( ̄∇ ̄)v
DSC07410

丼の斜め上から撮るのでどうしても少なく見えますが、
御飯はしっかり詰まってます

ツユの濃さも程よく、あっと云う間に完食しました

こちらは朝からの営業で、タクシーの運転手さんなんかが食事をしてるとか。
DSC07409

丸福食堂さん、御馳走様でしたー


台東区清川にある日正カレーさん
DSC06808

こんにちは~」とお店に入ると、
あれ、見た事あるね・・・ああ、コノ前来たおにーちゃんだね」とおばあちゃん.

覚えててくれて嬉しいな
DSC06822


カツカレーがめっちゃ美味しいのは先日確認済み。
相変わらず素晴らしい煤け具合のメニューから選ぶは、
メニュー

かつ丼」850円

やがて名前入りの蓋付きで登場(*・ω・)ノ
DSC06809

蓋が閉まり切らないですね
DSC06810


では恒例の
オープン・ザ・ふた~
DSC06811

おおっ、少し出前チックな「かつ丼」さんヾ(´ω`=´ω`)ノ
DSC06814

中華スープが付いてくると、得した気分になっちゃいます☆
DSC06815


やや甘めのタレが香ばしい衣に良く合います。
はもっと薄い方が好き。
DSC06817

とんかつなら良いのですが、
カツ丼の場合肉が厚いとちと食べにくいのです。
玉子も少し固まり過ぎ。
玉ねぎタップリなのは好みですが半生状態でやや辛味を感じ、
更に約一個丸々入っているので、玉ねぎが苦手な方は絶対無理かと
そしてカツ丼CTスキャン
DSC06819

でも日正カレーさん、めっちゃ好き、
おばあちゃん、ご馳走様でした☆

日正カレーさん


こちらカツ丼刑事では、
過去に食べたカツ丼で特に美味しかった丼を含めてご紹介します☆

数年前の記事もありますのでお値段少し変わっているかも知れませんので御了承下さいませ。

先ずは強く印象に残っている東京都豊島区大塚、
天平食堂さんからスタートヾ(´ω`=´ω`)ノ

大塚駅から4分程北に歩くと、

DSC06526
(てんぺいと読みます)

どうですかこの店構え
田舎の県道沿いでひっそりと営業していそうです。
そして何と自然な出前バイクとのコントラスト

DSC06528


メニューの字に「」を感じます


こちらはたぬきの理想とするレストラン、

品格のある大衆食堂でもあるのです


店内はテーブル4つに奥に座敷には座卓が4台あります。

それではお待ちかねの
カツ丼」680円
DSC06546


恒例の
オープン・ザ・ふた~
DSC06547

先ず見た目完璧」 

彩りの三つ葉が泣かせますっ


肉の薄さ、玉子の半熟加減も完璧
DSC06549


更に恒例の

カツ丼CTスキャン
DSC06550



680円とは思えぬ美味さに感動

御主人の「価格を抑えたままでうまいカツ丼喰わせちゃる
という気合がヒシヒシと伝わってくるようなカツ丼です

これは、価格・味・バランスから言っても・・・
現時点での東京カツ丼最高峰かも知れません

お店のおじさんおばさんの優しい人柄に美味しくて安いいお料理。

美味しかった~ご馳走様でした

心もお腹も満足してお店を後に・・・

心からリラックスして、飾らず美味しい料理で一杯・・・
天平食堂さん、本当に良いお店に出逢えました.。゚+.(・∀・)゚+.゚

必ず再訪しちゃいます。

天平食堂お店情報

このページのトップヘ