カツ丼刑事

旨いカツ丼探して東へ西へ。 カツ丼刑事が出動す。 カツ丼マニア竹嶋宗也のカツ丼日記です。            メインブログ「たぬきパラダイス」も御愛顧を☆

カテゴリ: 珠玉のカツ丼


豊島区南長崎に凄い中華店があるとの情報を得たので
FullSizeRender
住宅街をしばし
捜索

む、ここか
IMG_9446
中華料理「松月」
満席だったがちょうど先客との入れ替わりにて入店に成功

カウンター内には忙しそうに働く御夫婦らしき御二人の姿
IMG_9453

メニューをチェック
IMG_9455
ラーメンが350円、
30年は据え置きという感じ
複数のお客が食べている「上チャーハン」は唐揚げ付きか
気になるが俺はカツ丼と野菜スープを注文

中華料理屋で「カツ丼お願いします」と声をかけると意外そうな顔で、「カツ丼?」と聞き返される事も多いがこちらではすっとオーダーが通りちょっと嬉しい
まず豚肉の塊をカットするところから
IMG_9457

分厚い肉にパン粉をつけ卵を潜らせ油へ
IMG_9458
注文後にスープの野菜をカット、
カツ丼用の玉ねぎを切り、とかなり手間をかける親父さん
揚げ油は香りからして中華店にしては珍しいサラダ油か

やがて登場した御夫婦合作の
「カツ丼」600円
IMG_E9462

野菜スープ200円と共に
FullSizeRender
スープが大き過ぎてカツ丼が小さく見えるがかなりのボリューム

美しき白身の姿、卵を二回に分けて流し入れていたのを
俺は見逃してはいないぜ親父さん
IMG_9463

ラーメン丼に入った優しい旨味の野菜スープ
IMG_9467
しいたけ・人参・ピーマン・白菜・筍
200円と云う値段はおかしかないだろうか?
厚切り豚肉のこれは端の部分は
旨味が強い部分
IMG_9468

意外と軽やかに揚ったカツの衣は剥がれやすいが文句は無し
カツ丼CTスキャンでは美しいロース肉の断面を確認
IMG_9470

タレも程良く玉子遣いがバツグンな上にこのボリューム
後は一気に掻き込むのみ
DSC00728
黙々と忙しく働き抜くご夫婦だが会計時には丁寧に応対して下り、更に主人は出前もこなすのだからこれはもう町の宝と思う
満足過ぎるほどに満足なお店「松月」さん
まだまだ深い捜査が必要なので今回の逮捕は見逃そう
ご馳走様です旨かったぜ親父さん!


 


ここは四谷荒木町
新宿通りから車力門通りを東へ下り進むと
DSC09501

かけかつ丼を看板にする「鈴新」が現れる
DSC09503
abema TVでの公開捜査以来の訪問

この時はまだ20時閉店の自粛中
DSC09479

捜査を開始をする
DSC09500

夜の荒木町だ、
先ずは一杯
DSC09471

通常時では考えられない貸し切り
魔力を秘めし揚げ場前の一等席にて勝負
DSC09478

名物親父から引き継いだ息子さんが鋭い眼差しで調理に取り掛かる
DSC09475
肉は注文後にカット

これこそがうちの命です
と親父が証言した自家製ラードで
カラッと揚げたらば
DSC09481
カツはカットしてから煮ずに白飯の上に乗せ
別に卵とじを作りカツの上へ滑らせる

これがカツ丼三兄弟のひとつ
「かけかつ丼」1400円の完成だ
DSC09484

オープン・ザ・・・
DSC09486

ふた~っ!」
DSC09489

これがカツ丼三兄弟の一つ
「かけかつ丼」
DSC09488

これほどにラードが香るカツは中々見当たらぬ
DSC09490

まだサクサクのロースに出汁がかかり
DSC09495

極上カツ丼でしか醸せない香りが立ち上る・・・
DSC09496
旨い、旨すぎる
後は夢中でひたすら掻き込むのみ
今宵ばかりは身を明かし初耳学への捜査協力に礼を述べる
DSC09504

すると板場には居なかった親父がわざわざ出向いてくれた
DSC09476
これは嬉しい

煮カツ丼しか調査した事がない同志が居られれば是非とも召し上がられたい

東京四ツ谷の鈴新 
どこまで進化するのか楽しみだ 

親父さん・倅さん
美味かったぜ御馳走様









遠路遥々福井県敦賀市に到着
DSC07196

捜査するのは
DSC07195


「ヨーロッパ軒敦賀本店」
DSC07154

カツ丼の元祖中の元祖ともいわれる「ヨーロッパ軒」

いざカツ丼刑事出動
DSC07156
と突撃するも店内大混雑

さすが福井市の総本店と双璧の敦賀本店ですがここまで来て食べずに帰れない
DSC07189


明治時代、ドイツに渡り6年間の料理修行を終えた高畠増太郎氏
ドイツ仕込みのウスターソースを改良し大正2年に東京の料理会で発表したのが
ソースカツ丼

DSC07191


やがてふるさと福井に帰り創業したのがかなヨーロッパ軒、
老舗中の老舗

カツ丼の元祖説は他にもあるが恐らくこれが日本のカツ丼の元祖ではと推察

取り調べ室で出したくなるようなヤカン茶
DSC07162

店に着いてから90分、
「カツ丼+セット」900円+200円の登場だ
DSC07164

行くぞ

DSC07165

「オープン・ザ・ソースカツ丼の・・
DSC07166

ふた~っ」!!
DSC07170

これが「ヨーロッパ軒のソースカツ丼」だ
DSC07169


一枚目は質の高いモモ肉を目の細かいパン粉にまぶしラードにてカラリと揚げた香り高き孤高のカツ
DSC07178


ウスターソースに香辛料を配合した秘伝のタレが旨い
DSC07180

こちらは肉の旨さが圧倒的に際立つロース
DSC07186
旨さではこちらが際立つ、もう一枚取り調べしたくなる

秘儀「ソースカツ丼CTスキャーン!」
DSC07175

玉子が無いといつもよりスキャンの魅力が分かり難い

DSC07187

高畠増太郎さんとヨーロッパ軒の皆に敬意と感謝を表する
DSC07192

美味かったぜ

DSC07194



東京・秋葉原

賑やかな電気街とは反対方向へと歩く
昭和通りを超え更に路地裏
ここに素晴らしきホシが居るとの情報を得、捜査に向かう
DSC07612

数年前にガサを入れた時は更なる路地裏に潜んでいたのだが
IMG_9720
(捜査資料より)
随分と街側に進出して来たな、図太いホシだ・・・

張り出してあるメニューをチェックする

おっとこれは珍しい
DSC07622

とんかつ定食とカツ丼が同値段とはな・・・

混雑も落ち着いた
午後二時、ドアを開き捜査を開始する
三席だけあるカウンターに腰を下ろしカツ丼を注文

作り手は見るからに職人肌、そして寡黙そうな男
相当な
神経を集中し調理に掛かり始めた。
BlogPaint

旨いカツ丼を出すためには最後の最後まで気が抜けない
玉子に火を通す数秒の差で全くの別物になる

おっと俺の一杯が完成したようだ

「かつ丼」800円
DSC07617
むう、
完璧だ・・・

ぷっくりとした白身は表面にだけ火を通し
固くなりがちな卵黄だけの部分もこれまた絶妙の柔らかさ
DSC07616

ふわっとラードが香る理想的なの1cm程のロースは
DSC07619

ギリギリ生の部分を残さない絶妙過熱、
丼鍋で仕上げるところまで計算しつくされた賜物。

軽やかにて濃厚なる丼タレがこれらを全て引き受け纏めあげている
これは美味い、
800円にして至高の一杯
IMG_4803

主人のこだわりと技術が
言葉を交わさずとも俺に伝わる素晴らしきかつ丼
これこそ和食の中の和食

DSC07621

福を与える志か、良い名前だ

間違いなく都内最強クラスのカツ丼だった

今後長きに渡り捜査する事になりそうだ旨かったぜ


ついにカツ丼界の本丸を攻撃する

JR中央線快速でやってきたここは杉並区西荻窪
DSC03826
ここは俺が上京して先ず住み始めた思い出の地
北口からバス通り沿いを進むととすぐに現れる行列
DSC03847

そう、坂本屋
DSC03831

今や東京のカツ丼好きなら知らぬものは居ない店だ
DSC03833
テーブル席が空いたが固辞させて頂き、カウンターが空くのを待つこれも捜査の為

中華屋なのに客の殆どが
「カツ丼」を注文する店
DSC03834

継ぎ足しの
ラードが踊る  中華鍋

御主人が揚げ奥さんが卵を綴じる、これはカウンターに座らねば分からない見事な夫婦名人芸
DSC03839

「カツ丼」800円は
その美しさは
DSC03837

メインブログ「たぬきパラダイス」の表紙にも使わせて頂いている一杯

奥さんの玉子とじの技術は俺が見た中で日本一
DSC03840

通常の食材をここまでの逸品に仕上げるしかも800円
DSC03842

カツの厚み・衣の香ばしさ・旨い丼タレの白飯への染み込み具合・
色彩そして玉子の綴じ加減・・・
DSC03843

これぞ理想カツ丼の姿
DSC03840

心意気が無ければ絶対に作れない800円の魔法
DSC03846

5年毎に来ているが毎度旨くなっている気がする
DSC03848

H31年度現在数か月お休みになるそうだ

坂本屋さん御馳走様です、
最高に旨かったぜ





このページのトップヘ