カツ丼刑事

旨いカツ丼探して東へ西へ。 カツ丼刑事が出動す。 カツ丼マニア竹嶋宗也のカツ丼日記です。            ブログ「たぬきパラダイス」も御愛顧を☆

カテゴリ: 珠玉のカツ丼

15年前、まだグルメサイトなんぞが無い頃に
カツ丼倶楽部というサイトがあったんだ。
そこで「特に旨い」と評価を集めていたお店にそれこそ15年ぶりに行ってみた。

葛飾から電車を乗り換える事3回、JR中央線西国分寺駅で下車
DSC01194

緑道沿いに南へ5分程歩き
通りに出ると、
DSC01222
 
うんうん見覚えがあるぞ
DSC01195

この交差点から横道に入って
DSC01198

あった!
DSC01199

京屋そばさん
 DSC01200

「京屋」の屋号が付く蕎麦屋さん関東にいくつかあるが、
カツ丼が美味しい割合が多い。


開店と共にガサ入れ
BlogPaint

先客はおばあちゃん1人。
恐らくメニューは15年前と変わっていない
DSC01204

「かつ丼」700円はお値段そのままで健在にて
DSC01202

今も御夫婦で営業中の様子。
カツ丼の注文が通ると肉を塊からカットし衣を付ける御主人の丁寧に調理をする様子が見える。 
揚げ油は何と蕎麦屋さんなのに「ラード」
DSC01208

15年前に衝撃を受けた味と香りが思い出される。

しばし待って
かつ丼700の登場
DSC01212

ラード効果でサクっと仕上がったトンカツ、
DSC01211

蕎麦屋の出汁を含んだ絶妙な綴じ玉子が
DSC01217

「衣」の上に美しく留る一杯

これは生パン粉ならではの姿、もうめちゃめちゃ美味い。

肉はまったく通常の物だと思うんが、
技術と心意気でここまで美味しくなるこれこそが・・・

カツ丼最大の魅力

お味噌汁の具はじゃがいも・豆腐
DSC01220

以前来た時は出前が忙しすぎて暖簾はずっと仕舞ったままだった
DSC01203

やや高齢になられた今は出前を辞めてお店のみの営業だそう。
理想のすべてが詰まった
珠玉のカツ丼ここにあり。
DSC01218
しかも700円。
15年振りに来られて嬉しいです、本当に美味しかったです」と奥さんに感謝を伝えお店を後に。

東京でのカツ丼食べ歩きの原点となった西国分寺の
京屋は思い出が色褪せない俺の名店。

とてもとても美味かった御馳走さまでした。

岡山で吉備津ロマンを堪能した後は、
さあお昼飯捜査開始だ!
DSC06909  

岡山グルメと云えば、祭り寿司・ままかり・マスカットそしてソースカツ丼  

楽しく悩んだ末に訪れたのは
 

だてそばさん 
DSC06911  

店内は歴史ある佇まい、カウンター席に腰かけお願いしたのは 半々定食 
DSC06913  

目の前でお肉にパン粉をつけ油に落とすと店内にパッと広がるラードの香り・・  

やがで登場したこちらが
半々定食」1050円
DSC06917  

これこれ食べたかったやつ! 
DSC06918  

カリッと香ばしく揚がったロースカツ にかかるのは、
雑誌に載っているドロッとしたデミソーカツ丼ではなくさらっとしたソース。
ウスター系」7割・「デミソース系」3割位の配合か。

DSC06921  
 
噛むと肉汁が染み出す。

これは美味いっ
 
溶いた卵の黄身だけ掛かっているのがニクいねぇ(o^^o) 

支那そば」 
DSC06914  

京都ラーメンで見かけそうな黒スープは、
旨味があるのにスッキリ。 

DSC06916  


DSC06922  

白胡椒が抜群に合うレベルの高い支那そばです、
これも好きな味


DSC06925  

このソースの旨味・ラードの香り・黄身のコク。 
最強の半々セットに惚れそうだ☆ 
DSC06920  

御夫婦らしきお二人にホールの女性、皆さんとても気持ち良い方々。

だてそばさん有難う、必ずまた来るぜっヾ(´ω`=´ω`)ノ


葛飾区のカツ丼情報を募集したところ一本の電話が・・・


「あのよ~、東新小岩に良いお店があるから行ってみなよ~

とのタレコミ有り。



カツ丼刑事出動!!

我が町から自転車を漕いで南へ20分、
「お花茶屋駅」を越え、呑兵衛の聖地「立石駅を越え」
本奥戸橋を越え発見したのがこちら

とんかつ「京町
DSC01589


凄い・・・ぞこれは凄い
迂闊に近寄るとやられそうだ。

DSC01590


情報が無ければかなり入りずらい・・・

でも大丈夫だ「こんにちは~ヾ(´ω`=´ω`)ノ」と笑顔で暖簾を潜るべし

昭和中期で時間が止まっているのかここは・・・
DSC01606
先客は無し。

メニューはこちら
DSC01607


一人で営業されている優しげながらも職人肌を感じさせる御主人に「カツ丼」を注文。


冷蔵庫から肉の塊を出しカット、手元は見えないがとても丁寧に調理しているな。

やがてジュワッと揚げ音が響き大好きな青の蓋つき器にて
カツ丼」650円の登場。
DSC01593

ではTVでも連続公開中、恒例の・・・
「オープン・ザ・・・
DSC01595


ふた~っヾ(´ω`=´ω`)ノ」!!

おおっ、美しい黄白のグラデーション
DSC01597

玉子のトロミ・右端のカツの衣立ちが分かります。
この状態で美味しさへの予感最高潮

カツを一口、
DSC01600


これは旨いっ! しこも衣にはサクサクが残り厚みも充分。
この価格帯で最高の肉の美味さ。

更にこの玉子、
DSC01601


コシを残し旨味を含ませる見事な技術、タレの濃さも好み。

ラードの香りも重なって650円のカツを遥かに超える旨カツ丼に遭遇だ~

お手製浅漬けはニンニクの良い香り。
DSC01605

これはビールにめちゃめちゃ合いそう。

あっという間に完食し御主人に
カツ丼食べ歩いてて初めてお邪魔しました、本当に美味しかったです」と伝えると
トンカツも食べてみて、一番力入れてるから」と。
DSC01608


お店はお世辞にも綺麗とは言い難いので潔癖症の方にはオススメしませんが、
カツ好きならチャレンジする価値大。
DSC01598

京町さん御馳走様でした、必ずまた伺うぜ。
 DSC01609

情報提供元である葛飾の杉下某さんよ、
又のタレコミを待ってるぜ

またの出動要請を待つ!

京町とんかつ / 京成立石駅新小岩駅青砥駅
昼総合点★★★★ 4.1

こちらは台東区浅草5丁目

中華・洋食の「やよい」さんは
DSC00037

浅草駅 三ノ輪駅 入谷駅 どこから歩いても20分はかかるであろう、
DSC00038

裏浅草の更に裏



洋食コック姿にて手際よく調理をされている物静かな御店主。
DSC00043

男性スタッフは出前の配達に忙しそう。

メニューには洋食・中華が並び何とも不思議な感じ。
DSC00062


お聴きすると「父が中華の修行をしたものですから」との事。
DSC00044


注文に悩んだら「一番上のメニューを頼む法則」を実践してはいますが飯類最上部には何と、
DSC00064

「カツ丼」の文字が

これは極めて珍しい事象、一気にテンションが上がり、

私カツ丼が大好きなんです」と興奮気味に話せば
まあ食べてみて下さい」と静かにほほ笑む店主の姿はまるで品の良い侍のよう。

注文をし店内を見ていると奥の壁にこんな写真を発見。
DSC00040

西洋料理カフェー・ヤヨイとあります。
創業は大正末期でその歴史は90年を超えるのだそう。

エプロン姿に髷、当時はどんな東京だったのでしょうか☆
当時に思いを馳せつつ静かに調理を始める店主の後ろ姿を眺めているとやがて、

カツ丼」800円の登場となりました。
DSC00045

では参りましょう全国のカツ丼ファンの皆様声を合わせて~
せ~のっ・・・


オープン・ザ・・・
DSC00046

カツ丼のふた~ヾ(´ω`=´ω`)ノ!
DSC00053


おおっ、見て下さいこの玉子の照りを
DSC00052

完璧な白身と黄身のグラデーション。

久々に美しいカツ丼様に遭遇です
DSC00055




カラりと揚がりつつもジューシーなカツは理想の厚み☆
DSC00057

口中でご飯・玉子・カツを三位一体にて楽しめる、
これこそがカツ丼の醍醐味です。

玉子のコクも素晴らしく、ご飯の一粒一粒まで完璧に旨い。
こういうお店は当然ながら漬物お味噌汁まで美味しいのです☆
DSC00059

本当に美味しかったです」とお伝えすると御主人は静かに微笑みながら、

お口に合いましたか? またいらしてください

次回は是非、一品とビールを楽しみたいです

ポークソテー、ボリュームもあり満足していただけるかと思います外国の方も召し上がりに来られますよ」と話して下さいました。

90年前の西洋料理の技がこのカツ丼に活かされているんだなあ。

久々に美味しいカツ丼に出会えました。
「やよい」さん、美味しいカツ丼を御馳走様でした。



「カツ丼刑事」です。

今日は過去トップ3に入る旨いカツ丼をご紹介


西荻でのお目当ては10年振りの訪問となった
DSC00052



坂本屋さん

DSC00063


12時過ぎで丁度満席、外で10分程待ちました。
坂本屋さんは中華も得意とする地元で人気の食堂なんですが、
DSC00065

特に美味いのが

DSC00050

云わずと知れたたぬきの好物
かつ丼
ですっ

店内、半分以上の方がカツ丼に夢中
BlogPaint

たぬきも早速かつ丼お願いしまーすヾ(´ω`=´ω`)ノ

坂本屋さんのかつ丼の美味しさが伝わり、行列が出来る事もしばしば。
DSC00056

さあお待ちかねの、

かつ丼」800
DSC00058

旦那さんがカラリと揚げた薄めのロースを、
間髪入れず奥さんが丼鍋に移し
絶妙の卵の掛け具合で完成させる
「珠玉の一杯」
DSC00059




ほらほらっ
サクサクさが残るラードの魔法
DSC00061

どの部分でも美しい

「こういうのが本当の美人って云うのだ」  

この柔らかめの白身が好きなのだ。

秘儀かつ丼CTスキャーン
DSC00062

もう米粒がカツの上にのっかちゃう程に旨いんだから

全てはバランスなんです。
ラード生パン粉つゆ薄めのお肉・短時間の煮込み加減・・・

これらが合わさった時に至極のカツ丼は完成するのです。
はっきり云って昔より美味しくなってると思います

帰り際「10年振りなんですが、本当に美味しかったです~」と声を掛けると、
嬉しそうに「良かった~」と笑顔で応えてくれるおばちゃん。
充実の一日となりました
坂本屋さん御馳走様でした~。
(現在は昼のみの営業・土曜のみ夜も)


坂本屋さん情報

このページのトップヘ