カツ丼刑事

旨いカツ丼探して東へ西へ。 カツ丼刑事が出動す。 カツ丼マニア竹嶋宗也のカツ丼日記です。            メインブログ「たぬきパラダイス」も御愛顧を☆

カテゴリ: 珠玉のカツ丼


ついにカツ丼界の本丸を攻撃する

JR中央線快速でやってきたここは杉並区西荻窪
DSC03826
ここは俺が上京して先ず住み始めた思い出の地
北口からバス通り沿いを進むととすぐに現れる行列
DSC03847

そう、坂本屋
DSC03831

今や東京のカツ丼好きなら知らぬものは居ない店だ
DSC03833
テーブル席が空いたが固辞させて頂き、カウンターが空くのを待つこれも捜査の為

中華屋なのに客の殆どが
「カツ丼」を注文する店
DSC03834

継ぎ足しの
ラードが踊る  中華鍋

御主人が揚げ奥さんが卵を綴じる、これはカウンターに座らねば分からない見事な夫婦名人芸
DSC03839

「カツ丼」800円は
その美しさは
DSC03837

メインブログ「たぬきパラダイス」の表紙にも使わせて頂いている一杯

奥さんの玉子とじの技術は俺が見た中で日本一
DSC03840

通常の食材をここまでの逸品に仕上げるしかも800円
DSC03842

カツの厚み・衣の香ばしさ・旨い丼タレの白飯への染み込み具合・
色彩そして玉子の綴じ加減・・・
DSC03843

これぞ理想カツ丼の姿
DSC03840

心意気が無ければ絶対に作れない800円の魔法
DSC03846

5年毎に来ているが毎度旨くなっている気がする
DSC03848

H31年度現在数か月お休みになるそうだ

坂本屋さん御馳走様です、
最高に旨かったぜ






2019年の捜査を開始する


abemaTVの番組 メシテロ「カツ丼刑事」で撮影させて頂いた
新宿南口
「とん竹」
DSC02406

夕方の開店時間をずらしての
DSC02397

捜査御協力に感謝する
DSC02395

スペシャルかつ丼に使うお肉は
通常のかつ丼とは肉が違い
奥が通常のカツ丼用
DSC02403

手前のこちらがスペシャルカツ丼用の肉だ

DSC02404

一目瞭然と云うやつだ

鮮やかにして今にもトロけそうな美しきロースをオランダが誇る高品質脂「カメアリアラード」で揚げ、
DSC02400

揚げ音が乾いた高温に変わったら仕上がり近し
DSC02398


「スペシャルカツ丼」1440円の完成だ
DSC02401

歴代NO1に良い香りな一杯

噛むとロースの甘い肉汁が口一杯に広がる。
衣に含んだラードの甘さが溶け出した丼タレ、スペシャルカツ丼専用の赤玉子がコレを吸い込み白飯とカツを繋ぎ合わせた一杯これぞ・・・
DSC02402

カツが好き過ぎでトンカツ職人になった」と云う料理人が醸し出す最高ランクのカツ丼だ

昼間担当の調理人さんが作るカツ丼定食900円も美味しいと思うが、このスペシャルカツ丼は特筆モノの旨さ。

DSC02317

撮影でカツの断面を撮れ無かったので後日また伺い深い捜査をしたいと思っている。

美味い情熱カツ丼、確かに受け取ったぜ

また来させて貰おうか・・・
皆のタレコミを待っている

カツ丼刑事が捜査する
カツ丼刑事新宿編はこちらから

15年前、まだグルメサイトなんぞが無い頃に
カツ丼倶楽部というサイトがあったんだ。
そこで「特に旨い」と評価を集めていたお店にそれこそ15年ぶりに行ってみた。

葛飾から電車を乗り換える事3回、JR中央線西国分寺駅で下車
DSC01194

緑道沿いに南へ5分程歩き
通りに出ると、
DSC01222
 
うんうん見覚えがあるぞ
DSC01195

この交差点から横道に入って
DSC01198

あった!
DSC01199

京屋そばさん
 DSC01200

「京屋」の屋号が付く蕎麦屋さん関東にいくつかあるが、
カツ丼が美味しい割合が多い。


開店と共にガサ入れ
BlogPaint

先客はおばあちゃん1人。
恐らくメニューは15年前と変わっていない
DSC01204

「かつ丼」700円はお値段そのままで健在にて
DSC01202

今も御夫婦で営業中の様子。
カツ丼の注文が通ると肉を塊からカットし衣を付ける御主人の丁寧に調理をする様子が見える。 
揚げ油は何と蕎麦屋さんなのに「ラード」
DSC01208

15年前に衝撃を受けた味と香りが思い出される。

しばし待って
かつ丼700の登場
DSC01212

ラード効果でサクっと仕上がったトンカツ、
DSC01211

蕎麦屋の出汁を含んだ絶妙な綴じ玉子が
DSC01217

「衣」の上に美しく留る一杯

これは生パン粉ならではの姿、もうめちゃめちゃ美味い。

肉はまったく通常の物だと思うんが、
技術と心意気でここまで美味しくなるこれこそが・・・

カツ丼最大の魅力

お味噌汁の具はじゃがいも・豆腐
DSC01220

以前来た時は出前が忙しすぎて暖簾はずっと仕舞ったままだった
DSC01203

やや高齢になられた今は出前を辞めてお店のみの営業だそう。
理想のすべてが詰まった
珠玉のカツ丼ここにあり。
DSC01218
しかも700円。
15年振りに来られて嬉しいです、本当に美味しかったです」と奥さんに感謝を伝えお店を後に。

東京でのカツ丼食べ歩きの原点となった西国分寺の
京屋は思い出が色褪せない俺の名店。

とてもとても美味かった御馳走さまでした。

岡山で吉備津ロマンを堪能した後は、
さあお昼飯捜査開始だ!
DSC06909  

岡山グルメと云えば、祭り寿司・ままかり・マスカットそしてソースカツ丼  

楽しく悩んだ末に訪れたのは
 

だてそばさん 
DSC06911  

店内は歴史ある佇まい、カウンター席に腰かけお願いしたのは 半々定食 
DSC06913  

目の前でお肉にパン粉をつけ油に落とすと店内にパッと広がるラードの香り・・  

やがで登場したこちらが
半々定食」1050円
DSC06917  

これこれ食べたかったやつ! 
DSC06918  

カリッと香ばしく揚がったロースカツ にかかるのは、
雑誌に載っているドロッとしたデミソーカツ丼ではなくさらっとしたソース。
ウスター系」7割・「デミソース系」3割位の配合か。

DSC06921  
 
噛むと肉汁が染み出す。

これは美味いっ
 
溶いた卵の黄身だけ掛かっているのがニクいねぇ(o^^o) 

支那そば」 
DSC06914  

京都ラーメンで見かけそうな黒スープは、
旨味があるのにスッキリ。 

DSC06916  


DSC06922  

白胡椒が抜群に合うレベルの高い支那そばです、
これも好きな味


DSC06925  

このソースの旨味・ラードの香り・黄身のコク。 
最強の半々セットに惚れそうだ☆ 
DSC06920  

御夫婦らしきお二人にホールの女性、皆さんとても気持ち良い方々。

だてそばさん有難う、必ずまた来るぜっヾ(´ω`=´ω`)ノ


葛飾区のカツ丼情報を募集したところ一本の電話が・・・


「あのよ~、東新小岩に良いお店があるから行ってみなよ~

とのタレコミ有り。



カツ丼刑事出動!!

我が町から自転車を漕いで南へ20分、
「お花茶屋駅」を越え、呑兵衛の聖地「立石駅を越え」
本奥戸橋を越え発見したのがこちら

とんかつ「京町
DSC01589


凄い・・・ぞこれは凄い
迂闊に近寄るとやられそうだ。

DSC01590


情報が無ければかなり入りずらい・・・

でも大丈夫だ「こんにちは~ヾ(´ω`=´ω`)ノ」と笑顔で暖簾を潜るべし

昭和中期で時間が止まっているのかここは・・・
DSC01606
先客は無し。

メニューはこちら
DSC01607


一人で営業されている優しげながらも職人肌を感じさせる御主人に「カツ丼」を注文。


冷蔵庫から肉の塊を出しカット、手元は見えないがとても丁寧に調理しているな。

やがてジュワッと揚げ音が響き大好きな青の蓋つき器にて
カツ丼」650円の登場。
DSC01593

ではTVでも連続公開中、恒例の・・・
「オープン・ザ・・・
DSC01595


ふた~っヾ(´ω`=´ω`)ノ」!!

おおっ、美しい黄白のグラデーション
DSC01597

玉子のトロミ・右端のカツの衣立ちが分かります。
この状態で美味しさへの予感最高潮

カツを一口、
DSC01600


これは旨いっ! しこも衣にはサクサクが残り厚みも充分。
この価格帯で最高の肉の美味さ。

更にこの玉子、
DSC01601


コシを残し旨味を含ませる見事な技術、タレの濃さも好み。

ラードの香りも重なって650円のカツを遥かに超える旨カツ丼に遭遇だ~

お手製浅漬けはニンニクの良い香り。
DSC01605

これはビールにめちゃめちゃ合いそう。

あっという間に完食し御主人に
カツ丼食べ歩いてて初めてお邪魔しました、本当に美味しかったです」と伝えると
トンカツも食べてみて、一番力入れてるから」と。
DSC01608


お店はお世辞にも綺麗とは言い難いので潔癖症の方にはオススメしませんが、
カツ好きならチャレンジする価値大。
DSC01598

京町さん御馳走様でした、必ずまた伺うぜ。
 DSC01609

情報提供元である葛飾の杉下某さんよ、
又のタレコミを待ってるぜ

またの出動要請を待つ!

京町とんかつ / 京成立石駅新小岩駅青砥駅
昼総合点★★★★ 4.1

このページのトップヘ