カツ丼刑事

旨いカツ丼探して東へ西へ。 カツ丼刑事が出動す。 カツ丼マニア竹嶋宗也のカツ丼日記です。            ブログ「たぬきパラダイス」も御愛顧を☆

タグ:かつ丼



高崎は群馬を代表する商業都市
DSC02072

この街の大正八年(1919年)創業と云う「栄寿亭」がこの日の捜査対象だ
DSC02073

歴史を感じる木製カウンターがある洋食店は
DSC02081

香ばしいラードの良い香りに包まれている

創業90年余のこちらの名物は
上州もち豚を使った400円のカツ丼

逸る心を抑えつつ、
先ずはビールを
DSC02080
おっ、黒ラベル

意外にも「たくあん」にビールって合うんだな

カツには「A」「B」「C」の三種類があり俺は
カツA」の単品400円 (定食だと560円)をオーダー
 DSC02082

カリっと揚がった洋食的ロースカツ
DSC02084

色白美人にて好みの厚さ

ウスターソースってのが洋食屋だな。
銀座の煉瓦亭もこのスタイル
DSC02085
ビールに合うぢゃないか😎

かつ丼も「三種類」あり、目の前で調理中のこちらは
B丼」450円 
DSC02086

玉子引きと云われる、いつも食べてるのかつ丼。

お肉はモモ肉か?
一枚一枚叩いて広げ、ラードでカリっと揚げられている。

バットに入ったカツの下は醤油ダレ。
まな板の上のカツは玉子引き用。
調理も効率的に安く提供するための努力がなされている
DSC02079

運動会の季節ではかつ丼400個の注文もあるんですよ」と調理のお姉さん。

古くから地元に密着した高崎名物なんだな。
DSC02074

かつ丼のカツを一個だけ食べたいんですけど・・・」と俺がが云うと
良いですよ、一個90円でお出ししてます」と姉さん。

こんがりカツを一個取り、和風特製ダレを潜らせて登場させたのがこちら
DSC02087

甘い醤油ベースのタレがラードの香りと融合し
DSC02090

子供の頃を思い出し光る昭和の美味さが嬉しい一枚✨
 DSC02088

気分が良くてビール二本飲んだらお腹が一杯で、

かつ丼」食べられなくなっちまったぜ💦

なので「A丼」400円を持ち帰り~
DSC02091

とても素敵な店だな。
DSC02073

 帰りは高崎から赤羽迄は
理由あってグリーン車 
DSC02093


まだ熱々のお土産かつ丼を
オープン・ザ・・・」
DSC02094

ふた~っ(・∀・)つ
DSC02095

ラードの香りがふわりと立ち上り嬉しくなるな。
カリッカリの衣が蓋で少しだけ蒸されコレまた美味しいカツに変身
DSC02097

タレが沁みたご飯が旨い。
さすがに普通車では怪しまれるからな。
半分は持ち帰り、翌朝にしっかり頂いた。
高くて美味しいのは当たり前だが、お肉料理を努力と手間で安く提供し、問屋街で働く方々を支えてきた素晴らしい名店だと思う。

カツ丼に歴史あり、今後も追い続けたいホシだった。


ここは陸の孤島、最寄りの足立区北綾瀬から歩いて徒歩20分
のお蕎麦屋「やぶ清」さんの出前 カツ丼

やがて到着したカツ丼大盛り「フタが閉まり切らないタイプ」
DSC02793


では参りましょう、せーのっ
「オープン・ザ・・・」

 DSC02794

ふた~!!
DSC02795

 こ、これは・・・
DSC02796

小型のドッヂボールかっての
DSC02797

こりゃあ食べ応えがありそうだ

好みの肉厚+グリーンピース 


おっ、胡麻油の香りも混ざって美味しいぞ☆
玉子もふんわりしており出前の通常レベルをはるかに超えている。

しかし丼には見た目以上にご飯が詰まっており
推定埋蔵飯量1.5~2合
DSC02798
 
捜査奥義カツ丼CTスキャーン 
DSC02799

正直ギブアップしようかと迷いましたが御馳走になった物でもあり・・・

頑張れ俺っ!負けるな俺っ!

そして・・・刑事完食っ!!
IMG_0084

美味しいカツ丼だったので、
今度はお店で出来立て食べに行っちゃおう
IMG_0076

御馳走様、旨かったぜ


 
今日は朝からガッツリ捜査する!

「かつや」御徒町店にて

朝カツ丼セット
390円 
IMG_6143 
(単品なら290円)

通常の三分の二くらいの量か 
IMG_6142 
  
朝はあまり食欲が無いけどかつ丼なら

という容疑者にオススメのお得カツ丼だ。



朝カツ丼でおめめパッチリ。全てのかつやで朝カツ丼が出来る訳ではないから注意が必要だ。
 
午後からはもっと大物の捜査に向かうぞ!

15年前、まだグルメサイトなんぞが無い頃に
カツ丼倶楽部というサイトがあったんだ。
そこで「特に旨い」と評価を集めていたお店にそれこそ15年ぶりに行ってみた。

葛飾から電車を乗り換える事3回、JR中央線西国分寺駅で下車
DSC01194

緑道沿いに南へ5分程歩き
通りに出ると、
DSC01222
 
うんうん見覚えがあるぞ
DSC01195

この交差点から横道に入って
DSC01198

あった!
DSC01199

京屋そばさん
 DSC01200

「京屋」の屋号が付く蕎麦屋さん関東にいくつかあるが、
カツ丼が美味しい割合が多い。


開店と共にガサ入れ
BlogPaint

先客はおばあちゃん1人。
恐らくメニューは15年前と変わっていない
DSC01204

「かつ丼」700円はお値段そのままで健在にて
DSC01202

今も御夫婦で営業中の様子。
カツ丼の注文が通ると肉を塊からカットし衣を付ける御主人の丁寧に調理をする様子が見える。 
揚げ油は何と蕎麦屋さんなのに「ラード」
DSC01208

15年前に衝撃を受けた味と香りが思い出される。

しばし待って
かつ丼700の登場
DSC01212

ラード効果でサクっと仕上がったトンカツ、
DSC01211

蕎麦屋の出汁を含んだ絶妙な綴じ玉子が
DSC01217

「衣」の上に美しく留る一杯

これは生パン粉ならではの姿、もうめちゃめちゃ美味い。

肉はまったく通常の物だと思うんが、
技術と心意気でここまで美味しくなるこれこそが・・・

カツ丼最大の魅力

お味噌汁の具はじゃがいも・豆腐
DSC01220

以前来た時は出前が忙しすぎて暖簾はずっと仕舞ったままだった
DSC01203

やや高齢になられた今は出前を辞めてお店のみの営業だそう。
理想のすべてが詰まった
珠玉のカツ丼ここにあり。
DSC01218
しかも700円。
15年振りに来られて嬉しいです、本当に美味しかったです」と奥さんに感謝を伝えお店を後に。

東京でのカツ丼食べ歩きの原点となった西国分寺の
京屋は思い出が色褪せない俺の名店。

とてもとても美味かった御馳走さまでした。

ここ埼玉県草加市の「産業道路」はトラックが多く走る道。
その道路沿いで最寄駅からは程遠い所にある食事処、
千一家をガサ入れする
DSC04816

目立たない店構えだ、タレコミが無いと前を通っても気付かないな。
ピーク時をずらしたが作業着姿で食事をする壮年の男性達。
 ここは
近隣の工場や配送センターで働く男の為の
大盛り食堂

 DSC04836

お店は母娘らしき方で営業され清潔、カウンターの奥にもテーブル・座敷があり決行広い。
色んな定食があるな。並盛でもご飯は「てんこ盛り」だそうな・・

捜査対象は勿論「カツ丼」
厨房では調理担当のおっかさんがロースの塊から肉をカットして料理開始
DSC04821

 
10分程待って
「カツ丼」800円の登場
DSC04825

白身が美しいカツ丼
DSC04824
 
肉質は全く普通だが、
カリっと揚がった衣に肉汁が沁みて美味い
DSC04827

優しく煮られたふわトロ玉子も良い仕上がりだ
DSC04828

 そして秘儀、
カツ丼CTスキャーンっ!」 
DSC04831
 ご飯の中心に、汁が浸みてないのが素晴らしいぢゃないか
 推定白飯量は「1・5合 
男性用の茶碗3杯分くらいか。
大盛りを頼むと2・5合程あるとの情報。
お味噌汁御新香もしっかり頂いて、
 DSC04823

かなりお腹が苦しくなったが、
最後まで美味しく頂いたぜ。
DSC04835
 
「千一家」さんのカツ丼は力強く働く男の味方

旨安パワーカツ丼」だ
大満足、御馳走様でした☆

このページのトップヘ