カツ丼刑事

旨いカツ丼探して東へ西へ。 カツ丼刑事が出動す。 カツ丼マニア竹嶋宗也のカツ丼日記です。            メインブログ「たぬきパラダイス」も御愛顧を☆

タグ:とんかつ


上野のガード下の賑やかな商店街から
昭和通りへ向かい二本目の角
IMG_9086

元は旅館と云う建物で営業する
「好養軒」
DSC00534

前回あまりに怪しかったので二度目のガサ入れ
IMG_9075

手書きのメニュー
DSC00523
一等地の価格とは思えない

10分弱待って登場
DSC00525

中身を知っていても楽しい
オープン・ザ・・・
IMG_9078

ふた~っ!
DSC00527
ふたを開けたとたんに濃厚な香りが漂う

真夏に咲き誇るひまわりにも見える
「かつ丼」740円
DSC00528

クリスピーに揚げ煮過ぎていない為
まだサクサク感が楽しめるカツ
IMG_9081
かなり濃いタレで食べさせる硬派のかつ丼

一番素晴らしいのは立ち昇るこの香り
通常のサラダ油でもなくラードでもない
ヘッドと云う牛の脂を配合しているのだとか
この油とタレが合わさり立ち昇る香りは
どこにも真似出来ぬ逸品
IMG_9083
味噌汁は揚げ・キャベツ・えのき
これも味は濃いが実家で頂くような汁

カツは端っこの部分も味が変わりまた旨い
IMG_9084

ビールと合わせたくなるような一杯
DSC00524

誰が書いたか「変わらない物、好養軒のカツ煮」
DSC00533
今日も美味しかった

店内では何十年も通っているであろう紳士が魚フライや串カツで飯を食べている
上野に残る奇跡のような店
こんなお店がまだ残っていることが嬉しくなる
親父さんご馳走様です、

・・・もう少し泳がせておくことにするか




 


葛飾区お花茶屋駅から亀有方面に歩く事五分。

渋い店構えのとんかつ「筧」 を捜査する
DSC08918

「かけい」と読む昭和香るこの店は
品の良い御夫婦での営業
DSC08932
恐らく長きに渡りこの地で営業されてきたと思われる

旬のカキフライが人気のようだ
1FullSizeR

嫌いでは無いんだが勿論俺は目もくれない

物静かなご主人がカツを揚げ始めた
IMG_6802
手元が見えぬカウンター越しだがとても丁寧に調理されているのが伝わる

やがて現れたのはカツ丼ではなく

「かつ重」1000円
DSC08919

なる程、品ある赤塗りの器は
丼より重と呼ぶに相応しい美しさ

では恒例の「オープン・ザ・・・
DSC08920

かつ重の蓋~!」
DSC08924
フワッと華やかな香りが立ち上り彩りも良し

特筆すべきはとんかつの形
DSC08926
なんと棒状の一口カツが五つ

ロースをカットしてから一つずつ衣をつけて揚げるのは通常よりも手間が掛かるが、
FullSizeR
どこを食べても衣感を楽しめ尚且つ、
持ち上げると衣が剥がれるカツ丼問題をも解決している。

丼ツユは軽やかで玉子はふわトロ・味噌汁まで美味い
料理屋の一品を頂いているようだった
DSC08933


筧の主人、ご馳走様でした
やはり相当な手練れだ・・・

まだまだ下町にはこんな実力店が隠れていると思うとワクワクする






世田谷区三軒茶屋
 DSC01713

数年振りに訪問した街でのカツ丼探索、
発見したのはお肉屋さんの二階
DSC01711

とんかつ「川善」
DSC01708

暖簾を潜り狭い階段を登ると
DSC01710

1階のお肉屋さんが経営するトンカツ屋が現れる

店内は満席です☆
DSC01693

活気ある店内で頂くのは勿論カツ丼・・・では無いな
FullSizeRender

「カツ重定食」980円か
DSC01695

では早速、
「オープン・ザ・・・
DSC01696
年季が入ったカツ重の
DSC01697
 ふた~っ」
DSC01698

白身・黄身・カツの色、
更にはキャベツお味噌汁お漬物まで彩り良し
DSC01699

見ただけで分かる美味しさに踊る心を抑えつつ捜査続行だ

トンカツはしっかり目に火は通っているが
DSC01702

専門店ならではの旨味有り
DSC01704 

肉屋ならではのラードのコクを
綴じ加減絶妙な玉子が吸い込んでいる
DSC01701
これは美味い

ドレッシングが入ったステンレスポット味わい深く
DSC01705

なめこと豆腐のお味噌汁も嬉しくなるぢゃないか
DSC01706

とんかつ屋ならではの満足な一杯。
DSC01707

1000円以下のカツ丼の中ではかなりレベル高し
DSC01700

川善さん美味かった、また捜査に来させて貰うぜ

足立区の首都北千住。
華やかな西口とは反対のやや地味な東口、
学園通りから一本横道に入り更にもう一本入った路地裏にて店を構える
とんかつ「もりき」を捜査する
DSC02897


居酒屋のような雰囲気もあるが
DSC01080

1人でお店を切り盛りする女将に
「ロースカツ丼大盛り」850円+100円をオーダー
DSC06617


御膳全体が美しく冷奴も酢の物も漬物も全部美味しい。
女将さんが一人で調理されている模様、これは小料理屋さんと言った方が的を得ているかもしれない

ふんわり玉子のカツ丼は、

何とトンカツの下に千切りキャベツが敷かれている
DSC06621


「カツ丼嫌いじゃ無いけどちょっと重いな」ってな容疑者にピッタリな新タイプのカツ丼。

これは脂っこさも無くなり胃にも優しい
愛情お袋カツ丼 

三つ葉が香る味噌汁もかなり美味い
DSC06620


一粒残さず頂くと丼の底から
いかにも宿場であった北千住らしき絵柄が登場する
 

優しい心遣いが寒空捜査に暖かく染み渡る、
女将、御馳走さま旨かったぜ☆



非番の時はこちらに居るので遊びに来てくれ
たぬきパラダイス



さて、台東区には活気ある個人企業がたくさんある。

小さな工場や商店では家族みんなで仕事をされるので夜は御飯だけを炊き、
オカズは惣菜屋さんで買って来る。

そんな土地柄から発展したのが浅草橋駅から徒歩10分の

鳥越おかず横丁だそうな

以前程の賑わいはありませんが今も数件のお惣菜屋さんが頑張いるな


横丁から少し路地に入った所にひっそろと佇む、

中華・とんかつの今むら
DSC09092

絶対に通りすがりでは入れないと思う
DSC09095

年配の御夫婦二人で営業される完全地域密着系の「今むら」さんは、

ラーメンが400円 とんかつライスは760円

俺が頼むのは勿論
カツ丼600円+大盛り+100円

DSC09097

さあ容疑者一同、声を揃えてせ~の

オープン・ザ・ふた~!
DSC09098



三つ葉たっぷり、しっかり煮込みカツ丼
DSC09099

高倉建さんが網走刑務所から出てきて最初に食べたのはこんな感じに違いない、
そんな昭和の王道カツ丼の登場だ

甘めのタレが程よく御飯に染み込んだ、
ちゃんと美味しい「カツ丼

更に「CTスキャン」をしてみると・・・
DSC09100


久し振りの「撮影成功
外れのない美味しさが伝わるか

ふう~、御飯ギッシリだが何とか食べ切った。
今むらさん、その心意気しかと受け取ったぜ☆




このページのトップヘ