カツ丼刑事

旨いカツ丼探して東へ西へ。 カツ丼刑事が出動す。 カツ丼マニア竹嶋宗也のカツ丼日記です。            メインブログ「たぬきパラダイス」も御愛顧を☆

タグ:カツ丼マニア


こちらは台東区竜泉。
樋口一葉生家の並びにある鰻の店
「まんだな」
DSC06278 
  
今日はこの鰻屋を捜査する        
DSC06279 

カツ丼とは縁の無さそうな鰻屋だが、 
お昼のランチサービスメニューの中にしっかりあるのだ
DSC06272 

もちろん注文は
「カツ丼」860円 
DSC06273

では姿勢を正し、
「オープン・ザ・・・
IMG_0399

 
ふたっ」! DSC06275

さあ捜査開始だ
DSC06274 

タレの具合がとても良い上品なカツ丼は 
特別なカツ丼では無いがあっさり柔らかなヒレ肉を使いお年寄りでもサラッと食べられそう
DSC06277 
 
彩り良き鰻屋さんのカツ丼だが特筆はお味噌汁とお新香。 

ダシと味噌の香り豊かな味噌汁に白菜の浅漬け、
やはり本格的な鰻屋だけある

次回はのんびりビールと鰻を楽しみたいと思う。 

「まんだな」さんよ、邪魔したな☆

目黒区の住宅地にある蕎麦屋店 
「朝日屋」

DSC07242


歴史感ずる格子窓 には嬉しい「カツ丼」の文字
  IMG_2671

迷わず捜査を開始

昭和香る店内で息子さんらしき方に注文したは 
カツ丼・冷小鉢そば付き
950円 
DSC07244 

キタッ

久々に美しいカツ丼
IMG_2673 

三つ葉に白身に青い丼器と彩り豊か、見た目完璧

肉の厚みにバラツキがありますがきちんと作られたカツに嬉しくなる
DSC07246 
卵遣いも素晴らしい
汁の濃さ量も好みの美味しいかつ丼だ

蕎麦は香りは穏やかなれど、小鉢どころか並以上の量。 
優しい笑顔のお母さんが蕎麦湯も持って来て下さり大満足 

DSC07245 

御馳走様でした、お店はどれ位前から営業されているんですか?」 

有難うございます、もう80年位ですか」 
話してる合間に別の御家族らしき方が出前に出動する

厨房ではお父さんが作ってらっしゃるのかもな
家族経営で守られていく町の蕎麦屋の暖簾。
東京の食文化の神髄かも

「朝日屋」さん、
御馳走様、また白身美しき一杯を頂きに来るぜ


文京区千駄ヶ谷、不忍通り沿いにある
「動坂食堂」
DSC01660

こお「人気実力共に東京有数の大衆食堂」を捜査する
DSC01661


最寄りの田端駅からは少し離れているものの常に盛況
DSC01643
一気に客が返ったばかりの所を邪魔するぜ

清潔なお店は禁煙
DSC01657
 
刺身をはじめお総菜などの一品メニューが盛り沢山、
日替わり定食や丼物・カレー・中華まで
DSC01645


和食洋食なんでも御座れと幅広いメニューがお出迎え
DSC01655



「かつ丼」900円
DSC01648


彩り美しく見た目は完璧だ
DSC01646

カリっと上がったカツは理想の厚み、
DSC01650

衣の付き具合が素晴らしくトロトロ玉子との相性も抜群、
ご飯も美味しくやや甘目のツユ味加減も素晴らしい

調理技術の高さが伺えるな・・・

トンカツと下には何とニンジンが隠れていた
DSC01653
これは好みが別れるかも知れない俺はOK牧場だが。

ニンジン嫌いの容疑者は口を閉ざすかも知れない危険なカツ丼だ・・・

味噌汁も美味い
DSC01654

特にお豆腐が美味い。

食堂の理想形だ、
年配の舌の肥えた容疑者ならばここで落とせるな
DSC01658

動坂食堂さん、旨かったぜ。
DSC01659






カツ丼刑事の出演情報だっ☆

TV東京「車あるんですけど

カツ丼VSとんかつ」パート3がいよいよ放送されるぜヾ(´ω`=´ω`)ノ
IMG_9893


9月9日 日曜 18:00~ 
TV東京系(関東全域) テレビ愛知 テレビ大阪 テレビ北海道 テレビせとうち TVQ九州放送
(地元奈良TVは今回も後日放送予定)
IMG_E9895





今回もAKB二期生「梅田彩花」さん「豚勝太郎」さんとの共演
DSC02471

   (掲載許可頂いてます・すでに深夜なので疲れてる?!)


お陰様にて1月・5月・9月と第三弾まで続く企画☆
さあ今回こそカツ丼マニア竹嶋は勝利出来るのか??

観てやってくれ



青春の地
新宿区四ツ谷三丁目
DSC00659


ここは通った文学座研究所や所属事務所の稽古場があった所

かつて人力車が走った芸者町
DSC00658


荒木町の車力門通りを入って突き当り
DSC00640
 
ちとカマっぽい親父さんの看板が目印、
鈴新さんへ突撃~☆

何を隠そうここの名物は

かけカツ丼
DSC00641
 
たぬきのふるさと奈良県天理市の名物ともいわれる、

カツを丼鍋で煮込まないカツ丼が東京にもあるのだ

BlogPaint

大盛況の店内、ほとんどの方が食べてるかけかつ丼

揚げたカツを丼鍋で煮込まず丼飯の上に置き、
その上から煮た卵とダシを掛ける一杯。

数年前に食べていますが久々の訪問

かけカツ丼」1200円
DSC00646

 

では久々の「オープン・ざ・・・」
DSC00647

「ふた~」v( ̄∇ ̄)v
 DSC00648

ひゃっほーい、美味しそう
DSC00649

カツを煮ないので、カリカリサクサク感がしっかと残るんです。

DSC00652

不本意な事ですが、旨いカツ丼と云えどもお肉はあまり美味しくなかったり、固かったりすることが殆ど。

・・・が、鈴新さんのは圧倒的に肉が美味しい

脂身も甘いし、肉汁もしっかりと残っています。
しかも衣はサクサクで、そこに絶妙のタレが少し沁みておりもうこれは、
幸せのカツ丼のパラダイス
DSC00653

4月だったので美味しい煮筍のも付いており、
また当然のようにお味噌汁も旨いのです。
あっという間に完食~
DSC00655

「1200円」の値は、旨いロースカツの値段を考慮すると至極妥当。
 
帰り際、店主さんに
めちゃくちゃ美味しかったです!御馳走様でした」 

と声を掛けると、カウンターで「かけカツ丼」を食べていたお兄さんが嬉しそうに、

「ねっ!ここのは世界一ですよねっ!

と興奮気味に声を掛けて下さいました。

互いに同志を見つけた瞬間、
旨いカツ丼が繋ぐ友達の輪」が出来た瞬間です

店主さん、照れくさそうでしたよ☆
 DSC00642

美味しいカツ丼で幸せ一杯☆

森のたぬき東京三大カツ丼の一つに認定!

このページのトップヘ