カツ丼刑事

旨いカツ丼探して東へ西へ。 カツ丼刑事が出動す。 カツ丼マニア竹嶋宗也のカツ丼日記です。            メインブログ「たぬきパラダイス」も御愛顧を☆

タグ:カツ丼刑事


カツ丼刑事も走る十二月
2020年もあと僅か、悔いなく捜査にかかります

こちらは東京最後の路面電車が活躍する荒川区 
IMG_9336

小台駅にて下車し田端方面へ5分程歩くと現れる
とんかつ「大清」
IMG_E9338

かなり以前からあるテイクアウトのサンプルが
リアルでどれも美味しそう
DSC00645

広々とした店内
ゆったり出来るお座敷もまた良し
DSC00627

1000円からとんかつ定食
DSC00643

しかも税込み
IMG_9341

10分程待って登場した
大清の「かつ丼」900円
IMG_9344

久々に全国のカツ丼好きの皆様声を合わせてせ~のっ
「オープン・ザ・・・
DSC00632

  ふたっ!」

DSC00635

白身・黄身・カツの褐色・彩りの三つ葉に丼の青模様と
完璧過ぎる位に完璧な美しさ

とんかつ専門店らしくカツが美味しい
厚みも程好く香ばしさ残る衣からは濃厚なラードの香りが立ち昇る
IMG_9351

乗ってきた
続いて秘儀「カツ丼CTスキャン
DSC00641

ラードのコクに負けぬ濃い目のタレも好みにて
玉子のプックリさも理想的な一杯
DSC00646

味噌汁は付いていないが
その分900円と云う価格を保っていると推察
後から一人で入店して来られた女性もかつ丼をオーダー

街の実力店「大清」さん
美味しいカツ丼を有難う

美味しいカツ丼タレコミを引き続き募集します
 


葛飾区お花茶屋駅から亀有方面に歩く事五分。

渋い店構えのとんかつ「筧」 を捜査する
DSC08918

「かけい」と読む昭和香るこの店は
品の良い御夫婦での営業
DSC08932
恐らく長きに渡りこの地で営業されてきたと思われる

旬のカキフライが人気のようだ
1FullSizeR

嫌いでは無いんだが勿論俺は目もくれない

物静かなご主人がカツを揚げ始めた
IMG_6802
手元が見えぬカウンター越しだがとても丁寧に調理されているのが伝わる

やがて現れたのはカツ丼ではなく

「かつ重」1000円
DSC08919

なる程、品ある赤塗りの器は
丼より重と呼ぶに相応しい美しさ

では恒例の「オープン・ザ・・・
DSC08920

かつ重の蓋~!」
DSC08924
フワッと華やかな香りが立ち上り彩りも良し

特筆すべきはとんかつの形
DSC08926
なんと棒状の一口カツが五つ

ロースをカットしてから一つずつ衣をつけて揚げるのは通常よりも手間が掛かるが、
FullSizeR
どこを食べても衣感を楽しめ尚且つ、
持ち上げると衣が剥がれるカツ丼問題をも解決している。

丼ツユは軽やかで玉子はふわトロ・味噌汁まで美味い
料理屋の一品を頂いているようだった
DSC08933


筧の主人、ご馳走様でした
やはり相当な手練れだ・・・

まだまだ下町にはこんな実力店が隠れていると思うとワクワクする







江戸川区小岩
総武線小岩駅南口を出てみると店はあるものの活気は少ない、明らかに夜の方が活気がありそうな街だな・・・

今日はこの東京23区内でも下町中の下町を捜査する
フラワーロードなる商店街を南に歩く事5分、
面白そうな店を発見した
「こまつ屋」
DSC06825

看板にはラーメン・定食・いろいろ・・・とある

食品サンプルもなかなかのモノ
DSC06826

お・・・

内偵捜査無しにて突入す
DSC06814

ふむ、中華系食堂とみるべきか?!
DSC06820
カツ丼を注文してからじっくりと見定める
メニューは系統により色分け
分かり易くて良いぞ
DSC06821

「カツ丼」800円は10分程にて登場
DSC06816

プックリとした好みの白身
玉子は混ぜ過ぎていない
DSC06815

肉質に特色は無いが甘目の丼ツユを吸った玉子に揚げ油のコクが加わった中華系のカツ丼。
DSC06817

中サイズの丼には見た目以上に飯も詰まっている。 特別な事はないのだがグイグイ胃に攻め込んでくる、そんなカツ丼だ。

ニラ炒めにビンビール、最後にカツ丼
そんな楽しみ方が似合いそうな食堂
DSC06824

まだまだ日本には面白い食堂が沢山あるんだろうと思うと嬉しくなる

「こまつ屋」さんよ一気に完食させて貰った、
また来るぜ

台東区根岸の住宅街にある
とんかつ花とく
DSC01916


暖簾を潜ると居酒屋のような雰囲気、
二階へどうぞ~」と案内して頂き奥の階段を上がると
DSC01915

昭和香る和室が現れる
DSC01902


もう完全に婆ちゃん家の二階だなだな。
メニューを見るにやはり「とんかつ屋兼居酒屋」か
DSC01903

好物発見
DSC01905


カツ丼定食730円
DSC01909

冷奴にお味噌汁付き、
彩りも完璧だ
DSC01910

ちゃんと心をこめて作られた真っ当なカツ丼は
DSC01912
最適な肉厚

タレを吸った玉子が美味い
ご飯が進む心の籠った正当派カツ丼
DSC01913


ほうれん草入りのお味噌汁が美味しくて、
野菜も食べるんだよ」と婆ちゃんに言われてるみたいで嬉しくなる
DSC01911

婆ちゃん天国で元気かな・・・
DSC01906

夕涼みをしながら一杯飲みたい根岸の里にての一時
DSC01907

「花とく」さん
御馳走様
また来るぜ

世田谷区三軒茶屋
 DSC01713

数年振りに訪問した街でのカツ丼探索、
発見したのはお肉屋さんの二階
DSC01711

とんかつ「川善」
DSC01708

暖簾を潜り狭い階段を登ると
DSC01710

1階のお肉屋さんが経営するトンカツ屋が現れる

店内は満席です☆
DSC01693

活気ある店内で頂くのは勿論カツ丼・・・では無いな
FullSizeRender

「カツ重定食」980円か
DSC01695

では早速、
「オープン・ザ・・・
DSC01696
年季が入ったカツ重の
DSC01697
 ふた~っ」
DSC01698

白身・黄身・カツの色、
更にはキャベツお味噌汁お漬物まで彩り良し
DSC01699

見ただけで分かる美味しさに踊る心を抑えつつ捜査続行だ

トンカツはしっかり目に火は通っているが
DSC01702

専門店ならではの旨味有り
DSC01704 

肉屋ならではのラードのコクを
綴じ加減絶妙な玉子が吸い込んでいる
DSC01701
これは美味い

ドレッシングが入ったステンレスポット味わい深く
DSC01705

なめこと豆腐のお味噌汁も嬉しくなるぢゃないか
DSC01706

とんかつ屋ならではの満足な一杯。
DSC01707

1000円以下のカツ丼の中ではかなりレベル高し
DSC01700

川善さん美味かった、また捜査に来させて貰うぜ

このページのトップヘ