カツ丼刑事

旨いカツ丼探して東へ西へ。 カツ丼刑事が出動す。 カツ丼マニア竹嶋宗也のカツ丼日記です。            メインブログ「たぬきパラダイス」も御愛顧を☆

タグ:マニア


上野のガード下の賑やかな商店街から
昭和通りへ向かい二本目の角
IMG_9086

元は旅館と云う建物で営業する
「好養軒」
DSC00534

前回あまりに怪しかったので二度目のガサ入れ
IMG_9075

手書きのメニュー
DSC00523
一等地の価格とは思えない

10分弱待って登場
DSC00525

中身を知っていても楽しい
オープン・ザ・・・
IMG_9078

ふた~っ!
DSC00527
ふたを開けたとたんに濃厚な香りが漂う

真夏に咲き誇るひまわりにも見える
「かつ丼」740円
DSC00528

クリスピーに揚げ煮過ぎていない為
まだサクサク感が楽しめるカツ
IMG_9081
かなり濃いタレで食べさせる硬派のかつ丼

一番素晴らしいのは立ち昇るこの香り
通常のサラダ油でもなくラードでもない
ヘッドと云う牛の脂を配合しているのだとか
この油とタレが合わさり立ち昇る香りは
どこにも真似出来ぬ逸品
IMG_9083
味噌汁は揚げ・キャベツ・えのき
これも味は濃いが実家で頂くような汁

カツは端っこの部分も味が変わりまた旨い
IMG_9084

ビールと合わせたくなるような一杯
DSC00524

誰が書いたか「変わらない物、好養軒のカツ煮」
DSC00533
今日も美味しかった

店内では何十年も通っているであろう紳士が魚フライや串カツで飯を食べている
上野に残る奇跡のような店
こんなお店がまだ残っていることが嬉しくなる
親父さんご馳走様です、

・・・もう少し泳がせておくことにするか




 


足立区本木にある中国料理「酔仙楼」を
通りがかりに捜査 
DSC08982

駅からはやや離れた完全なる住宅街の中華店
IMG_6848

手書きのイラストメニューがどれも渋く
DSC08972

通常メニューも見るまでないが
DSC08974

「カツ丼」850円
DSC08976

彩りのダブルグリーンは
DSC08975
ニラとグリーンピース

トロける卵が抜群で甘みと油を吸い込んで完璧な仕上がり

肉厚も程好く
DSC08978
揚げ立て熱々

肉の食感だけはもうちょっとか
仕込みの衣とカツの保存次第ではかなりの一杯となりそうなホシ


それにしても美しい丼
DSC08981

食後はサービスのセルフコーヒーを頂く
IMG_6854
一息付けてこれは嬉しい

このイラストは味がある
IMG_6847
取調室に張れば自白率が高まりそうだな

居心地も良いお店「酔仙楼」は
きっと夜には常連がビール片手に集いそうな街の中華店
近所にあれば間違いなく春巻きでビールといきたいな

ご馳走様でした


買い物客で賑やかな谷中銀座商店街
メンチカツには目もくれず横道に入るとやがて
DSC07493

人気の中華料理店
一寸亭に遭遇する
DSC07492 (2)

町の中華より少しいい値段なのは
DSC07484
しっかりと作り込まれる日本式の本格中華店だからと見た

カツ丼を注文すると冷蔵庫から大きな塊肉を取り出してその場でロースを切り分け、生パン粉を付けて揚げに入る
タレもその場で作り手間のかかった
「カツ丼」1050円の完成
DSC07485


中華スープの美味いこと
DSC07490
鳥の旨味に香味野菜の爽やかさ。
ラーメン一杯頂いたような満足感
これぞ中華屋カツ丼の醍醐味の一つ

さて本丸を攻撃
DSC07486
卵のトロトロ感が絶妙
カツ丼の海苔は香りを邪魔するのであまり好きじゃないが
肉の旨味をしかと残したこのロースが
DSC07488
めちゃめちゃ美味い
実は肉の美味しいカツ丼は意外と少ないが一寸亭さんは別格クラス
 
美味いロースをラードで揚げる
これはとんかつ屋さんの技
願わくば更に肉の旨味を活かすためにも丼タレの上積みが欲しい、さすれば最高ランクのカツ丼となりそう
DSC07491

町の実力店「一寸亭」
今度は捜査の合間に訪れ
ビール片手にお料理をといきたいものだ
 


今回の捜査は群馬県
わたらせ渓谷鐵道
大間々駅 近く
狙いを定めてやってきたのは


DSC03633

双葉食堂
DSC03660

名物はホルモン焼きだそうで、
お母さん達は定食でホルモンを男達はビールでホルモン焼きを楽しんでいる。
DSC03634

 捜査があるのでビールなぞは頼まれても飲んでやるものか!
心でそう叫びながらメニューに「かつ丼」の文字を発見
DSC03656

メニューの先頭がかつ丼か、これは期待出来そうだぞ

しばし待って「かつ丼」700円の登場
美しい器だ、ここの電話番号ってのは珍しいな
DSC03641

では取り調べに入る

オープンザ、ふたーっ
DSC03643

う、
美しいじゃないか・・・

お店の見た目とはかなりギャップ
緑色が、入っていれば更に悶絶するところ
DSC03648

火の通し具合も完璧にて特にお肉が美味しい。
さすが全国5位と云う豚肉産地の群馬県、
衣も香ばしさが残っておりこれは秀逸しかも700円

お新香の彩りも良し
DSC03654

玉ねぎも飯もタップリ、いやあ美味しかった
群馬の食の実力を感じる一杯に満足だ

「双葉食堂」さん御馳走様その心意気しかと受け取った

埼玉にて店舗展開する「かつ敏」

DSC05242
署から自転車で北上する事5分、常磐線のガードを越えて足立区へ入ってすぐ
BlogPaint

「かつ敏」は都内ではここだけ。綾瀬と云う街は店舗展開のテスト地になる事が多い土地。
お得なランチが目白押し、リブロースを横目で見ながらも
 勿論捜査対象は 「カツ丼
ご飯キャベツに味噌汁までお代わりサービスのご飯は始めから大盛りで頼むぜ。

ではお久しぶりの、
オープン・ザ
ふた~っ!
DSC02288
 おっとふたの陰が、俺とした事が焦ってしまったようだ。

むふふ
DSC02289

大きなのロース」が飯を覆っている
DSC02290

嫌がるホシを横倒し
DSC02291

ガサ入れ開始
DSC02293

 ふんわり上がったトンカツはお値段以上のクオリティー
艶々ご飯も美味しく優等生的カツ丼だ
いくらでも食べれらそうな シャクシャクしたキャベツ食べ放題のキャベツが特筆物
DSC02295

和風ドレッシングに胡麻ドレッシング。
ソースを掛けても美味しいのだ
これだけで飯が食えるな。

味噌汁は二種類。
「豚汁」か「季節の味噌汁」が選べ
DSC02294

豚汁二杯頂きました
DSC02296

もうお腹がはち切れそう
食後にはお茶
DSC02297

スタッフさんも皆笑顔でテキパキ。
とても居心地の良い超優良店。
こりゃあ、ランチに重宝しそうだ。
次から次へお客さんが来ますが座席が沢山あるので待ち時間も少な目、
かつ敏」さん御馳走様、旨かったぜ☆

このページのトップヘ