カツ丼刑事

旨いカツ丼探して東へ西へ。 カツ丼刑事が出動す。 カツ丼マニア竹嶋宗也のカツ丼日記です。            メインブログ「たぬきパラダイス」も御愛顧を☆

タグ:ランチ

足立区北千住
かつて賑やかに旅人が行き交ったであろう旧日光街道
今は宿場通りと呼ばれる商店街を進むと
IMG_1318


この日のお目当て
そば処
柏屋
IMG_1317


何と創業は明治37年
IMG_1315

老舗らしくお酒に合いそうな料理も多く揃う
DSC01646

注文後10分程で供された
カツ丼」850円
IMG_E1306

貝汁・おしんこ付きで登場
IMG_E1307

衣はしっかりと出汁を含みながらも厚過ぎず
軽やかな仕上がりなのが素晴らしい

IMG_E1310
卵のトロみも程良く残ります

では恒例の
「カツ丼CTスキャーン」!!
IMG_E1311


ツユがかかり過ぎず白飯の美味しさが保たれ
カツの厚みも理想の1センチ前後
まさに蕎麦屋カツ丼のお手本のような満足の一杯
しかも850円
IMG_E1313


お店が出来た117年前から地元に愛されてきたのが伝わる良いお店
IMG_E1303


柏屋さんご馳走様でした~
今度はお酒も頂きに参ります
IMG_1316


豊島区南長崎に凄い中華店があるとの情報を得たので
FullSizeRender
住宅街をしばし
捜索

む、ここか
IMG_9446
中華料理「松月」
満席だったがちょうど先客との入れ替わりにて入店に成功

カウンター内には忙しそうに働く御夫婦らしき御二人の姿
IMG_9453

メニューをチェック
IMG_9455
ラーメンが350円、
30年は据え置きという感じ
複数のお客が食べている「上チャーハン」は唐揚げ付きか
気になるが俺はカツ丼と野菜スープを注文

中華料理屋で「カツ丼お願いします」と声をかけると意外そうな顔で、「カツ丼?」と聞き返される事も多いがこちらではすっとオーダーが通りちょっと嬉しい
まず豚肉の塊をカットするところから
IMG_9457

分厚い肉にパン粉をつけ卵を潜らせ油へ
IMG_9458
注文後にスープの野菜をカット、
カツ丼用の玉ねぎを切り、とかなり手間をかける親父さん
揚げ油は香りからして中華店にしては珍しいサラダ油か

やがて登場した御夫婦合作の
「カツ丼」600円
IMG_E9462

野菜スープ200円と共に
FullSizeRender
スープが大き過ぎてカツ丼が小さく見えるがかなりのボリューム

美しき白身の姿、卵を二回に分けて流し入れていたのを
俺は見逃してはいないぜ親父さん
IMG_9463

ラーメン丼に入った優しい旨味の野菜スープ
IMG_9467
しいたけ・人参・ピーマン・白菜・筍
200円と云う値段はおかしかないだろうか?
厚切り豚肉のこれは端の部分は
旨味が強い部分
IMG_9468

意外と軽やかに揚ったカツの衣は剥がれやすいが文句は無し
カツ丼CTスキャンでは美しいロース肉の断面を確認
IMG_9470

タレも程良く玉子遣いがバツグンな上にこのボリューム
後は一気に掻き込むのみ
DSC00728
黙々と忙しく働き抜くご夫婦だが会計時には丁寧に応対して下り、更に主人は出前もこなすのだからこれはもう町の宝と思う
満足過ぎるほどに満足なお店「松月」さん
まだまだ深い捜査が必要なので今回の逮捕は見逃そう
ご馳走様です旨かったぜ親父さん!


 


上野のガード下の賑やかな商店街から
昭和通りへ向かい二本目の角
IMG_9086

元は旅館と云う建物で営業する
「好養軒」
DSC00534

前回あまりに怪しかったので二度目のガサ入れ
IMG_9075

手書きのメニュー
DSC00523
一等地の価格とは思えない

10分弱待って登場
DSC00525

中身を知っていても楽しい
オープン・ザ・・・
IMG_9078

ふた~っ!
DSC00527
ふたを開けたとたんに濃厚な香りが漂う

真夏に咲き誇るひまわりにも見える
「かつ丼」740円
DSC00528

クリスピーに揚げ煮過ぎていない為
まだサクサク感が楽しめるカツ
IMG_9081
かなり濃いタレで食べさせる硬派のかつ丼

一番素晴らしいのは立ち昇るこの香り
通常のサラダ油でもなくラードでもない
ヘッドと云う牛の脂を配合しているのだとか
この油とタレが合わさり立ち昇る香りは
どこにも真似出来ぬ逸品
IMG_9083
味噌汁は揚げ・キャベツ・えのき
これも味は濃いが実家で頂くような汁

カツは端っこの部分も味が変わりまた旨い
IMG_9084

ビールと合わせたくなるような一杯
DSC00524

誰が書いたか「変わらない物、好養軒のカツ煮」
DSC00533
今日も美味しかった

店内では何十年も通っているであろう紳士が魚フライや串カツで飯を食べている
上野に残る奇跡のような店
こんなお店がまだ残っていることが嬉しくなる
親父さんご馳走様です、

・・・もう少し泳がせておくことにするか




 

6月も日本全体の感染者が減っていくと良いな
医療関係・その他奮闘中の全ての皆様有難うございます。
飲食店へのエールも兼ねて今日も捜査を続行する☆

西武池袋線富士見台駅から南に5分程歩き千川通りを超えるとそこはもう練馬区を超え中野区

そば処「長岡屋」
IMG_E7456

地元に根付くこの街の蕎麦屋をガサ入れする
IMG_E7457

清潔感がある気持ち良く広い店内
入り口近くのテーブル席に腰を掛けお茶を頂き一息、
ホシを見つけた
DSC09334

お盆上の彩りも良き
「カツ丼」950円
IMG_E7460

卵使いがとても素晴らしく
コシや滑らかさを存分に楽しめるカツ丼だ

DSC09337

蕎麦屋ならではの力あるツユをしっかり吸い込んだ厚目の衣
DSC09338

これぞTHE・蕎麦屋のお手本カツ丼

揚げ立てでは無いもののかなり実力派、
御飯・なめこのお味噌汁・御新香まで美味いとくる

皆もしっかり食べて
免疫力を高めて一緒に国難に立ち向かおうぞ❗️


巷では新型ウイルスで皆が大変ですが
俺は捜査の為街に出る事があります
飲食店では距離感を大切に一人黙っての調査を心掛けるので、御理解を賜りたく思います


ここは荒川区町屋
親父達が憩う人気の大衆酒場からやや高級路線に転じた食事処「ときわ」を調査
DSC09461

昼間から9割の客が飲酒中、
さすは下町に名を馳せるときわだな
通常のカツ丼は780円
こちらのロースカツを使った特注「ロースカツ丼」は恐らく880円
DSC09457

色彩良し
DSC09458

二段構えの変則CTスキャンで分かるのは
DSC09460
飯・玉ねぎ・カツ・玉子青海苔そして
適度に染み行く丼タレと云う王道の姿

しっかりと火が通ったカツに香ばしさが残る衣
DSC09459

肉は冷凍かも知れないがかなりのボリューム
カツ丼の青海苔は香りが強いのであまり好きではないがこの色合いは好き、間違いない王道の一杯だった

これはカツ煮でビールじゃ酎ハイを楽しむのもよ良さそうだ

ウイルスなどに負けぬよう
気を付けながらも捜査を続行したい
旨いカツ丼を出すホシ達よ、楽しみに待っていて欲しい

このページのトップヘ