カツ丼刑事

旨いカツ丼探して東へ西へ。 カツ丼刑事が出動す。 カツ丼マニア竹嶋宗也のカツ丼日記です。            メインブログ「たぬきパラダイス」も御愛顧を☆

タグ:浅草


浅草にある「花屋敷遊園地」横のアーケード商店街
ひさご通りを北へ歩き言問通りを超えてしばらく行くと現れるのが今日の目的地
とんかつ「河金」
DSC00967

100年程前に屋台で創業し手軽に食べられるようにと
カレー・とんかつを一つにして丼にし大当たりをとったとか
DSC00947

その名物はカツカレーの元祖の一つとも云われる
「河金丼」
河金とは創業の「河野金太郎」さんのお名前からだそう
DSC00945

香り良いカツに日本独特のドロっとしたこのカレーは、
以前入谷店にて調査済み
今回は通常のかつ丼を調べる

並 ヒレ ロースの三種の中から「並」を注文すると
「脂の少ないとこですね?」と確認があり更に
「唐揚げお付けしますか?」
勿論お願いします
やがて肉を叩く強い音、恐らくモモ肉辺りを柔らかくしておられたのだと推察

10分程で登場した「かつ丼・並」900円は
DSC00953
老舗らしい名入りの器で登場
では美しい器に敬意を表して恒例の「オープン・ザ・・・
DSC00956

・・・ふたっ!!」
IMG_E9949

ふわっと立ち昇るラードの香りにてサービス唐揚げ付き
DSC00961

程好き厚みにて柔らかく叩かれ整えられたお肉
FullSizeRender

「昔ながらのカツ丼」と云う言葉がピッタリ当てはまりそうな一杯
DSC00960
胸肉の旨味を閉じ込めたふっくら唐揚げかめちゃ美味しくて
カツ丼より美味しいかも知れないのは極秘事項

こちらは夜メニュー
DSC00948

きっとその昔、浅草の旦那衆がカツでお酒を楽しんだと思われる
FullSizeRender

歴史ある一杯、ご馳走様でした

ソースが良く合う河金丼も一食の価値あり

狙っていた店を捜査する!
浅草観音裏にある
「ロッジ赤石」
DSC03201
外見からはどこがロッジなのかは分からないが
店頭の食品サンプルには洋食が並ぶ不思議な喫茶店
DSC03200
重箱なのか丼なのかどつちなんだ、さては捜査を撹乱する気だな・・・

店に入るとなるほど確かに
ロッジ」のような木の温もりを感じる
DSC03198
昭和喫茶の代名詞
テーブル代わりのゲーム機が懐かしい

注文は「カツ重」1050円
DSC03191

かなり高度な卵綴じにて
彩り美しきカツ重
DSC03192

カリっと揚がったロースカツの肉厚は1センチ強、
DSC03196

薄めの衣なれどサクっと香ばしささを残す技術も素晴らしい、やるな
ロッジ赤石
DSC03195


丼タレの濃さも程良くとても丁寧に調理されているのが伝わる一丼だ
DSC03199

 浅草観光での一休みにも良さそうだ
そして 深夜4時までカツ丼が食べられるとは益々怪しい・・夜な夜などんな取引が行われている事か分かったもんじゃない

ロッジ赤石さんよ、美味かったぜ、そして今度こそ尻尾を掴んでやるからな★

こちらは台東区浅草5丁目

中華・洋食の「やよい」さんは
DSC00037

浅草駅 三ノ輪駅 入谷駅 どこから歩いても20分はかかるであろう、
DSC00038

裏浅草の更に裏



洋食コック姿にて手際よく調理をされている物静かな御店主。
DSC00043

男性スタッフは出前の配達に忙しそう。

メニューには洋食・中華が並び何とも不思議な感じ。
DSC00062


お聴きすると「父が中華の修行をしたものですから」との事。
DSC00044


注文に悩んだら「一番上のメニューを頼む法則」を実践してはいますが飯類最上部には何と、
DSC00064

「カツ丼」の文字が

これは極めて珍しい事象、一気にテンションが上がり、

私カツ丼が大好きなんです」と興奮気味に話せば
まあ食べてみて下さい」と静かにほほ笑む店主の姿はまるで品の良い侍のよう。

注文をし店内を見ていると奥の壁にこんな写真を発見。
DSC00040

西洋料理カフェー・ヤヨイとあります。
創業は大正末期でその歴史は90年を超えるのだそう。

エプロン姿に髷、当時はどんな東京だったのでしょうか☆
当時に思いを馳せつつ静かに調理を始める店主の後ろ姿を眺めているとやがて、

カツ丼」800円の登場となりました。
DSC00045

では参りましょう全国のカツ丼ファンの皆様声を合わせて~
せ~のっ・・・


オープン・ザ・・・
DSC00046

カツ丼のふた~ヾ(´ω`=´ω`)ノ!
DSC00053


おおっ、見て下さいこの玉子の照りを
DSC00052

完璧な白身と黄身のグラデーション。

久々に美しいカツ丼様に遭遇です
DSC00055




カラりと揚がりつつもジューシーなカツは理想の厚み☆
DSC00057

口中でご飯・玉子・カツを三位一体にて楽しめる、
これこそがカツ丼の醍醐味です。

玉子のコクも素晴らしく、ご飯の一粒一粒まで完璧に旨い。
こういうお店は当然ながら漬物お味噌汁まで美味しいのです☆
DSC00059

本当に美味しかったです」とお伝えすると御主人は静かに微笑みながら、

お口に合いましたか? またいらしてください

次回は是非、一品とビールを楽しみたいです

ポークソテー、ボリュームもあり満足していただけるかと思います外国の方も召し上がりに来られますよ」と話して下さいました。

90年前の西洋料理の技がこのカツ丼に活かされているんだなあ。

久々に美味しいカツ丼に出会えました。
「やよい」さん、美味しいカツ丼を御馳走様でした。

このページのトップヘ